物の用

【漢字】物の用
【読み】もののよう
【意味】何らかの役。
【例文1】物の用にも立たない男。
【例文2】物の用にもならない。
【例文3】これは物の用になるかもしれない。

物の用をテーマにした記事

「物の用」に立たないものから幸運を掴むおとぎ話

「物の用」とは「何かの役」という意味で、使い方も一緒で、「物の用に立たない」などと使います。物の用に立たないと思われたものが、だんだん良い物に代わっていくお話があります。「わらしべ長者」です。貧乏な暮らしに嫌気がさしていた男が、観音様にお願いすると、夢のお告げで「起きて初めに手に触れたものを大事にして旅に出よ」と観音様に示されて、朝、観音堂を出るとすぐにつまづいて、一本のわらしべを手にします。男はこんなものと思いながらもそれを手に歩いていくと、アブが飛んできたので、それを捕まえてわらしべに括りつけて歩いていきます。するとそれを欲しがる子どもがいて、母親からミカンと取り換えてもらえないかと頼まれ交換します。ミカンを手に歩いていると、のどの乾いた商人に反物と交換を頼まれ、反物を死にそうな馬と交換することになります。男が馬に水を飲ませると、馬は元気になり男は馬を連れて歩いていくと、大きな屋敷の前で用事で出かけなくてはならない屋敷の主人から、馬を譲ってくれと頼まれます。もし、3年経っても自分が帰ってこなければ屋敷を譲るからと言われます。男は快諾して、主人は大慌てで出かけていきますが、とうとう帰ってこず、男は立派な屋敷を手にいれます。観音様に祈願したことで成功したのだと思いますが、「物の用」に立たないようなものから幸運を掴む、不思議なおとぎ話です。

」で始まる言葉一覧

2546.求めよさらば与えられん 1866.門外漢 1414.もんどりを打つ 1440.門を叩く 1360.門前払い 1332.門前の小僧習わぬ経を読む 1273.門戸を開く 1243.門外不出 1387.問答無用 1213.諸(両)刃の剣 1303.門前市を成す 1120.桃栗三年、柿八年 1183.諸肌を脱ぐ 1152.諸手を挙げて 1022.物も言いようで角が立つ 989.物は試し 1055.物を言う 1088.物を言わせる 921.物は言いよう 955.物は相談 814.物の数ではない 741.物にする 702.物ともしない 625.物がわかる 663.物心が付く 778.物になる 886.物の用 850.物の見事に 210.持ちつ持たれつ 463.元の木阿弥 423.元のさやに収まる 586.物言えば唇寒し秋の風 297.もっけの幸い 546.もぬけの殻 254.餅は餅屋 340.もったいつける 505.元も子もない 380.もっての外 166.持ち出しになる 78.孟母断機の教え 122.藻くずとなる 34.孟母三遷の教え