暖を取る

【漢字】暖を取る
【読み】だんをとる
【意味】体を暖める。
【例文1】鍋を囲んで暖を取る。
【例文2】焚火で暖を取る。
【例文3】体を動かして暖を取る。

暖を取るをテーマにした記事

 

たき火で暖を取る

今の時代は勝手にたき火はしてはいけません。その昔、昭和の頃はたき火で暖を取ることは当たり前でした。たき火で暖を取り身体を暖めるのは当然のこと、魚を焼いたり、時には煮物をしたり、さつまいもをたき火に埋めて暖を取りながら楽しみに焼き芋が出来上がるのを待っていました。たき火は今ではどうでしょう。たき火をしていると警察に通報されるのではないでしょうか?変な世の中になったと思います。たき火で暖を取ることが平成の時代は他人に迷惑をかけるとか、火事になるとか、法的にも規制がかかりました。たき火と言うのは日本の伝統です。人間は遠い原始時代からたき火で暖を取る習慣がありました。もちろん今はストーブやエアコン、温風ヒーターなどの様々な暖房器具がありますが、たき火は悪いことのように捕えられています。今の子どもたちは焚き火などはした事がないのではないでしょうか?悲しいことです。火を扱うこと、たき火をすることで色々なことを覚えます。いいことも、悪いこともたき火が教えてくれるような気がします。世の中色々なことで規制がかかるようになりました。せめて子どもだけでもたき火の体験をするのは私は賛成ですし、経験をして欲しいです。