大魚は小池に棲まず

【漢字】大魚は小池に棲まず
【読み】たいぎょはしょうちにすまず
【意味】
【例文】

大魚は小池に棲まずをテーマにした記事

大魚は小池に棲まずを教訓にしたいです

「大魚は小池に棲まず」ということわざのように、人にはそれぞれ適材適所があると思いました。
優れて有能な人はやはりそれに見合う場所で活躍するのが良いと思います。

世の中には何らかのしがらみの影響で、大魚でも小池で我慢して生きている人もいるのかもしれません。
そういう人は自分の本当の実力を過小評価しすぎているとも言えるので、それは非常にもったいない話です。

自分の価値を過大評価しすぎるのも、これはこれで問題ですが、その逆になって、小さいところで甘んじてしまい、満足しないように気をつけたいものです。

どんなに優秀な人でも失敗をすることがあり、その時は大魚でも大河に出て行く勇気はないかもしれません。
そんな時は小池で十分に英気を養い、再び大河に出ていけば良いと思います。

仮に大業が小池に住むことがあったとしても、それは一時のことです。
やはりそこは本来、住むべき場所ではなく、いずれ大河に出ていかなくてはならないでしょう。

もし、今の生活がぬるま湯に浸かっているようであれば、やはり少し上を目指して大魚に近づいていきたいものです。
同じ所にとどまらず、また甘んじることなく、今自分ができることを精一杯やっていき、自分に合った世界に繰り出していきたいと思います。

「大魚は小池に棲まず」-現代人に必要な精神性ー

大魚は小池に棲まず、真に能力のある物は小さな環境で満足しない、という意である。
僕は最初この言葉を知った時、傲慢な魚もいるものだ、と感じた。
自らを大魚と称し、自らの棲む池を小さいなどと宣うなんて大それた魚だなあ、と。
しかし、今の日本社会に必要とされているのはこの精神性なのではないかと最近思い直すようになった。

日本は自殺大国である。
人間関係、仕事、金銭問題などその理由は様々であろうが、自分の生に価値を見出せずに、自らの命を絶ってしまう人が多い。
また、過労死という極めて特殊な死因が、それを示す言語が一般に認められている国でもある。
病気や事故など肉体的な理由ではなく、精神的な理由で多くの日本人は日々亡くなる。

「逃げればいいのに」「辞めればいいのに」
外から見た人がそういった思いを抱くのは当然である。僕もそう思ったことがある。
しかし、彼らは逃げない。逃げられない。
その最たる原因は偏に「自己評価の低さ」であるのではないか、と僕は思う。
「僕が逃げたら周りに迷惑がかかってしまう」「今の仕事を辞めたら次の仕事なんて簡単には見つからない」
そういった考えが彼らの脳中には渦巻いているのだろう。
その考えこそが何よりも自分を追い詰めているのだ、ということには彼らは決して気づかない。

だからこそ、今この日本社会において、「大魚は小池に棲まず」の精神性が重要なのだ。
例え本心でなくとも、自らを大魚と称し、今の環境を小池と言い切るだけの図太さが重要なのだ。
「こんなところは僕がいるべき場所じゃない、もっとふさわしい場所が必ず僕にはある」
そう自ら嘯いて、自分の生きる道を都度、修正していく生き方こそが、今この日本において最も必要とされるべき精神性なのだろう。

」で始まる言葉一覧

2092.暖を取る  2045.啖呵を切る  2069.断腸の思い  2141.大根役者  2105.端を発する  2129.醍醐味  2165.第六感  2006.便りのないのは良い便り  2057.短気は損気  2078.大魚は小池に棲まず  2033.他力本願  2081.単刀直入  2153.大団円  2176.断末魔  2117.大黒柱  2019.たらい回し  1994.袂を分かつ  1980.駄目を押す  1965.矯めつ眇めつ  1950.玉磨かざれば光なし  1919.玉に瑕  1900.旅は道連れ世は情け  1803.種を明かす  1935.玉の輿に乗る  1878.旅の恥はかき捨て  1820.種をまく  1854.束になって掛かる  1836.頼みの綱  1749.他人の空似  1767.他人の飯を食う  1785.狸寝入り  1731.他人行儀  1713.棚に上げる  1548.立て板に水  1590.盾(楯)に取る  1526.手綱を締める  1569.蓼食う虫も好き好き  1503.立つ鳥跡を濁さず  1695.棚からぼた餅  1674.盾(楯)を突く  1479.脱兎のごとく  1402.太刀打ちできない  1454.立っている者は親でも使え  1632.縦の物を横にもしない  1428.立つ瀬がない  1653.立てば芍薬座れば牡丹歩く姿は百合の花  1611.伊達の薄着  1375.駄々をこねる  1229.蛇足  1319.畳の上の水練  1259.叩けばほこりが出る  1289.叩けよ、さらば開かれん  1348.ただより高いものはない  1105.他山の石  1137.多事多難  1169.出しに使う  1199.多勢に無勢  1072.竹を割ったよう  1039.多芸は無芸  1006.多岐亡羊  973.高を括る  905.高みの見物  939.宝の持ち腐れ  798.絶対絶命  684.高が知れる  723.たがが緩む  607.大の虫を生かして小の虫を殺す  870.高飛車に出る  834.高嶺(根)の花  646.大は小を兼ねる  762.高く買う  363.大事の前の小事  486.大胆不敵  278.太鼓判を捺す  321.大山鳴動して鼠一匹  235.太公望  568.大なり小なり  446.泰然自若  527.大同小異  404.大事を取る  191.大言壮語  59.対岸の火事  147.大義名分  15.大願成就  103.大器晩成