虚心坦懐

【漢字】虚心坦懐
【読み】きょしんたんかい
【意味】平穏な心で物事を受け入れる事ができる。
【例文1】虚心坦懐でクレーム処理にあたる。
【例文2】虚心坦懐で容疑者と話す。

虚心坦懐をテーマにした記事

虚心坦懐の心持で過ごしたいものです

毎日生活をしていると、些細なことが気になってしまい、それがいつまでも心に残ってしまうことがあります。
良く考えてみれば大した問題ではないのですが、その悩みにどっぷりと浸かっている自分の中では、大きなことのように感じてしまいます。

しかし、世の中にはいろいろなことがあり、事の重大さも千差万別です。
事が重大になってくると、逆に何とか冷静にならなければという気持ちになります。

中途半端な悩みはずるずると引きずりやすいのですが、大きな問題がやってくると、それどころではなくなってしまいます。
大きな悩みを引きずることは、心身にとっても危険な状態になってしまいます。

そのような時に虚心坦懐の心持でいられるようにしたいものです。
私なりのやり方で、何とか平常心を保つ工夫をしてきました。

平常心でいなければ、自分が壊れてしまいそうになることもあります。
なんとか自分自身を保つために、自分なりに気持ちを落ち着かせています。

もし、誰もが虚心坦懐の心持でいつも過ごすことができたならば、無駄な争いやいざこざも少なくなっていくのでしょう。
しかし実際の世の中はそうではありません。

中には強欲に支配されている人も多くいます。
組織が大きくなればなるほど、被害が大きくなってしまいます。
無駄な血を流すことなく、世の中が平和になることを願いたいものです。

虚心坦懐とはどういう意味?

虚心坦懐とは、心になんのわだかまりもなく気持ちが、スッキリしていること、無心で平静な気持ちであること、偏見がなく心をひらいていることを意味しています。
虚心が心に先入観やわだかまりがなく、物事をありのままに素直に受け入れることができる心の状態を表し、坦懐はわだかまりがなくサッパリとした状態を表しており、同じような意味の言葉を並べて使うことで、言葉の意味を強調しています。
虚心坦懐に話を聞いた、虚心坦懐に話し合いに臨むなどという使い方をします。
類義語には、虚心平意や明鏡止水などがあります。
明鏡止水はわだかまりや邪心などの余分な感情がないという心の状態を述べる時に使いますが、虚心坦懐はわだかまりやこだわりがない状態で物事に臨む様子を述べる時に使います。
近い意味ではありますが、それぞれ違った状況で使われることが多いです。
虚心坦懐の語源についてですが、懐の文字について説明すると、懐という文字の右側は落ちる涙と衣を示し、涙を衣で隠すという意味があります。
それに心がついて懐となり、胸中に深く包んで
大切に温める気持ちを表しています。
また、東洋思想での虚の文字は空っぽの状態ではなく、超越した状態を表すことが多いです。

」で始まる言葉一覧

2509.麒麟児  2505.琴線に触れる  2501.金言耳に逆らう  2513.金字塔  2429.軌を一にする  2423.切り口上  2449.気を配る  2469.気を回す  2489.気を許す  2444.気を利かせる  2464.気を吐く  2485.気を揉む  2481.気を持たせる  2493.金科玉条  2405.清水の舞台から飛び降りる  2477.木を見て森を見ず  2473.義を見てせざるは勇なきなり  2417.綺羅星のごとく  2439.気を落とす  2411.虚を衝く  2434.気を失う  2459.気を取り直す  2454.気を取られる  2497.謹厳実直  2316.共存共栄  2267.窮鳥懐に入れば猟師も殺さず  2399.毀誉褒貶  2393.漁夫の利  2284.窮余の一策  2204.九牛の一毛  2308.胸襟を開く  2356.器用貧乏  2339.興に乗る  2331.驚天動地  2222.九死に一生を得る  2221.金の草鞋で探す  2249.窮鼠猫を噛む  2379.玉石混淆(交)  2372.曲学阿世  2258.旧態依然  2386.虚心坦懐  2364.興味津津  2348.京の着倒れ、大阪の食い倒れ  2213.旧交を温める  2240.窮すれば通ず  2276.急転直下  2300.行間を読む  2231.牛耳る  2292.灸を据える  2324.兄弟は他人の始まり  2030.踵を返す  2042.気骨が折れる  2150.肝(胆)をつぶす  2066.木目が細かい  2102.肝(胆)が小さい  2126.気もそぞろ  2162.肝(胆)を冷やす  2185.杞憂  2195.牛飲馬食  2138.肝(胆)に銘じる  2003.牙を研ぐ  2054.きまりが悪い  2090.肝(胆)が据わる  2173.脚光を浴びる  2114.肝(胆)が太い  2016.牙を剥く  1991.気は心  1976.着の身着のまま  1961.昨日の敵は今日の友  1946.木に縁りて魚を求む  1848.気に障る  1915.気になる  1895.木に竹を接ぐ  1931.気に病む  1873.機に乗じる  1816.気に掛ける  1832.気に食わない  1745.木で鼻を括る  1799.気が入る  1727.狐の嫁入り  1709.狐につままれる  1763.喜怒哀楽  1781.軌道に乗る  1448.聞く耳を持たない  1586.喜色満面  1607.疑心暗鬼  1543.起承転結  1628.帰心矢のごとし  1565.机上の空論  1649.機先を制する  1691.狐と狸の化かし合い  1497.起死回生  1520.雉も鳴かずば打(撃)たれまい  1473.機嫌を取る  1670.奇想天外  1422.聞くは一時の恥、聞かぬは一生の恥  1396.危急存亡の秋  1223.危機一髪  1313.聞き捨てならない  1253.奇奇怪怪  1283.聞きしに勝る  1369.聞き耳を立てる  1342.鬼気迫る  1131.気が揉める  1193.木から落ちた猿  1099.気が滅入る  1000.気が回る  1066.気が向く  1033.気が短い  967.気が引ける  933.気が早い  826.気がない  753.気が遠くなる  675.気が付く  714.気が強い  637.気が散る  898.気が抜ける  863.気が長い  790.気が咎める  226.気が置けない  269.気が重い  598.気が小さい  312.気が利く  559.気が立つ  437.気が進まない  477.気が済む  518.気が急く  354.気が気でない  395.機が熟す  182.気が多い  138.気炎を揚げる  7.聞いて極楽見て地獄  94.気宇壮大  50.黄色い声