「便りのないのは良い便り」は、長い間連絡がないということは、特に悪い知らせがないということを意味する慣用句

「便りのないのは良い便り」は、長い間連絡がないということは、特に悪い知らせがないということを意味する慣用句です。

このことわざは、江戸時代頃に生まれたと考えられています。当時は、交通手段が発達しておらず、情報伝達も限られていたため、遠くに住む家族や友人と連絡を取り合うのは容易ではありませんでした。そのため、長い間連絡がないということは、病気や事故などの悪い知らせがないということの証とされていたのです。

現代社会においても、このことわざは依然として使われています。メールやSNSなどの便利なツールが発達した現在でも、遠くに住む家族や友人と頻繁に連絡を取り合うのは難しい場合があります。そのような状況で、長い間連絡がないからといって、すぐに悪いことを想像してしまうのは避けたいものです。

もちろん、心配な気持ちになるのは当然のことです。しかし、まずは落ち着いて状況を判断することが大切です。もし、どうしても心配な場合は、直接相手に連絡を取ってみるのも良いでしょう。

「便りのないのは良い便り」の使い方

  • 長い間連絡がない家族や友人のことを心配しているときに使う: 例えば、「息子から最近連絡がないけど、便りのないのは良い便りだから、きっと元気にしてるんだろう。」
  • 悪いことを想像していたときに、安心したいときに使う: 例えば、「大切な書類をなくしてしまったけど、もしかしたらまだ見つかるかもしれない。便りのないのは良い便りだから。」
  • 物事を楽観的に考えるときに使う: 例えば、「試験の結果がまだ出ていないけど、便りのないのは良い便りだから、きっと合格してるだろう。」

例文

  • 海外旅行中の娘から連絡がないけど、便りのないのは良い便りだから、きっと楽しく過ごしているんだろう。
  • 会社の業績が最近低迷しているけど、便りのないのは良い便りだから、きっとこれから良くなるだろう。
  • 宝くじを買ったけど、まだ当選のお知らせが来ない。でも、便りのないのは良い便りだから、きっと当たっているかもしれない。

「便りのないのは良い便り」の類義語

  • 無事沈黙は金
  • 知らぬが仏
  • 音沙汰なしは吉報
  • 消息不通は無事の証拠
  • 連絡がないことは良い知らせ

英語表現

  • No news is good news.
  • Silence is golden.
  • I have no news, which is good news.
  • I haven't heard from him/her in a while, but that's a good sign.
  • I'm hoping for the best.

「便りのないのは良い便り」ということわざは、私たちに楽観的に考えることの大切さを教えてくれます。心配な気持ちは当然ですが、まずは落ち着いて状況を判断し、悪いことを想像しすぎないようにしましょう。

参考URL:
便りの無いのは良い便り(たよりのないのはよいたより)とは? 意味や使い方 - コトバンク