鉄は熱いうちに打て

【漢字】鉄は熱いうちに打て
【読み】てつはあついうちにうて
【意味】鉄がまだ熱いうちはやり直しが利くもの。人は若い方が物覚えがいいので、早いうちから教育すべきだという教え。好機を逃さないようにするという意味もある。
【例文1】今日は珍しく上司のおごりらしい。鉄は熱いうちに打てだから、気が変わらないうちにさっさと仕事を切り上げよう。
【例文2】鉄は熱いうちに打てだから赤ちゃん水泳教室に通う。
【例文3】鉄は熱いうちに打てというから幼児英会話に通う。

鉄は熱いうちに打てをテーマにした記事

 

鉄は熱いうちに打ての言葉の意味

鉄は熱いうちに打てと言う言葉ですが、この言葉はいくつかの意味合いを持っております。一つは鉄は熱く熱した後では、柔軟性が有り様々な形に加工したりする事が出来ますが、熱が冷めて来てしまうと柔軟性が無くなってしまい、加工が出来なくなってしまいます。人の人生は正にこの言葉が当てはまり、特に
子どもの成長過程や教育課程で使われる事が多いです。「鉄」は子どもその物を指し示しており、「熱いうち」は子どもの物の考え方や物の見方が柔軟な時期を表しております。この時期に子供に様々な刺激を与え、更に教え込む事や、スポーツ等の技術を小さいうちから身につけて行く事がその子にとって一生忘れる事の無い経験や知識として身に付く事を表しております。もう一つは社会人になってもこの言葉を使われますが、仕事等でも関係する人達が関心を持っているうちに、物事を進めて行く事が大切であると言う使われ方です。関係者の関心が無くなってしまうと、物事が進まなくなってしまい問題にもされなくなってしまいます。とにかく物事には適したタイミングと言う物があり、その時期を逃してはいけないと言う言葉です。とにかく子どもは物覚えがとても良いです。その時期に様々な刺激を与える様にして行く事が大切です。