「和洋折衷」とは、日本風と西洋風の様式をうまく調和させることを意味する四字熟語

「和洋折衷」とは、日本風と西洋風の様式をうまく調和させることを意味する四字熟語です。

読み方

「わようせっちゅう」

由来

「和洋折衷」は、江戸時代末期に、西洋文化が日本に入ってくるようになった頃から使われるようになった言葉です。

意味

「和洋折衷」は、建築、服装、料理など、さまざまな分野で使われます。

  • 和洋折衷の建築様式は、日本的な瓦屋根と西洋的な窓や柱を組み合わせたものなどがあります。
  • 和洋折衷の服装は、着物に洋服のジャケットを羽織ったり、洋服に和風の帯を締めたりしたものなどがあります。
  • 和洋折衷の料理は、日本的な食材と西洋的な調理法を組み合わせたものなどがあります。

類義語

  • 東洋西漸
  • 和魂洋才
  • 折衷主義

対義語

  • 純和風
  • 純洋風

「和洋折衷」の使い方

「和洋折衷」は、以下のような点に注意して使うと良いでしょう。

  • どのような分野で使われているのかを具体的に説明する。
  • 和風と西洋風のどのような要素が取り入れられているのかを説明する。

例文

  • この家は、和洋折衷の建築様式で建てられている。瓦屋根や木製の柱など、日本的な要素と、窓やドアなど、西洋的な要素がうまく調和している。
  • 彼女は、和洋折衷の服装が好きだ。着物を着るときは、洋服のジャケットを羽織ったり、洋服を着るときは、和風の帯を締めたりする。
  • このレストランは、和洋折衷の料理を提供している。日本的な食材を使った西洋料理や、西洋的な食材を使った和食など、ユニークなメニューが楽しめる。

参考URL:
和洋折衷 - Wikipedia

その他

「和洋折衷」は、異なる文化を融合させることで、新しい文化を生み出すことができるという、積極的な意味合いを持つ言葉です。