鴨が葱を背負ってくる

【漢字】鴨が葱を背負ってくる
【読み】かもがねぎをしょってくる
【意味】鴨鍋などにはネギがよく合う。こちらは何もしなくても相手からのこのこやって来たと好都合な場面で使う。
【例文】不良品を買ってくれてお客まで紹介してくれた。鴨が葱を背負ってくるとはこのことだ。

鴨が葱を背負ってくるをテーマにした記事

神社に行くと不思議なことに鴨が葱を背負ってくるように運気が上がることがある

神社に行くのは正月の初詣ぐらいでしたが、先月友達の付き合いで神社にお参りしにいきました。特にお祈りすることもなかったので、お金がたくさん入りますようにと願ったら、神社を出たときから、いろんなことが起きてきました。家に帰る途中、小学校時代の友人と久々に会ったときは偶然かなと思っていましたが、その次の週になると、数年ぶりに高校時代の同窓会の案内が郵送で来たりして昔の出会いが急に増えてきました。そこまでは別になんとも思わなかったのです。しかし、会社の人から盲導犬のグッズが入ったお菓子をもらったときはびっくりしました。以前コンビニで盲導犬の寄付をしたことがあって、約1年後ぐらいに回り回って自分の所に帰ってきた感じです。会社でも景気が良くなったという理由で臨時ボーナスが出たこともあり、まさに鴨が葱を背負ってくる状態でした。次々いろんなことが起きてきたので、たまに神社に行くようにすると不思議な体験をするものだなと思いました。神社に行ってご利益があるときというのは、切羽詰ってから行くよりも普段何気なく行くと、鴨が葱を背負ってくるのかもしれません。初詣しか行かない神社でしたがこれからは定期的に行こうと思います。