肩身が狭い

【漢字】肩身が狭い
【読み】かたみがせまい
【意味】その場におりづらい。
【例文】親戚中から早く家庭を持てと言われ続け肩身が狭い。

肩身が狭いをテーマにした記事

スポーツサークルで肩身が狭い経験に

私はとあるスポーツが趣味で、学生時代からずっとやっています。社会人になってからはサークルに入って活動していました。一応創設メンバーの一人で今もイベントや大会などの開催に関わっているのですが、先日ちょっと肩身が狭い経験をしました。
というのも、元々腰痛持ちだったのが社会人になってからはデスクワークの仕事をしていますので余計に悪化してしまったんです。そこで、試合中に急に腰が痛くなってしまい大きなミスをしてしまったんです。最後には勝つことが出来たし今までの仲間達はうまくカバーしてくれたのですが、新しいメンバーはそうではありませんでした。明らかにミスをしてしまったことに対してイライラしている人がいて。自己管理が出来ていないとかすごく責められてしまいました。周りのメンバー達がかばってくれておさまったのですが、何だかすごく肩身が狭いと感じてしまったんです。
彼女の言いたい気持ちもわかります。今回は自分達も開催に関わっている大会だったのですが、どんなイベントや大会も絶対に勝ちたい人もいます。私も出来れば勝ちたいです。気持ちもわかるからこそ、もう試合には出たくないですね。というよりも、サークルを抜けようか考えるようになってしまいました。