心を込める

【漢字】心を込める
【読み】こころをこめる
【意味】誠意を込める。
【例文1】心を込めて両親に贈り物をする。
【例文2】心を込めて彼氏に手料理を作る。

心を込めるをテーマにした記事

心を込めるとは

心を込めると簡単に言うと、愛情や配慮や願いや祈りの気持ちを含ませるということらしいです。
人って心がこもっているものか、または表面上のものなのか、なぜだか分かりませんが見破ってきます。
特に料理というのは、同じ食材を使って同じように調理したとしても好きな相手を思って作るのか、または嫌いなことを思って作るのかで味が変わってくるのが不思議ですよね。
私も昔はよく、母親が怒りながら作った料理はおいしくないなと感じていました。
なので料理人というのは大変な仕事だなと思うのです。
人には感情のムラがあるのが普通で、腹が立っているときもあるし浮足立った気分の時もあると思うのです。
気分のいい時は人に美味しいものを食べてもらいたいと思いながら作れますが、気持ちが下がっている時でも、毎日のように沢山の人にある一定以上の美味しさのものを提供するというのは大変なことだと思うのです。
気持ちってコントロールしようとしても、できないことも多いです。
その中で、料理に集中するというのは凄いことですよね。
少しでも、嫌なことに意識が向いて料理をしてしまったら不味いものができてしまってはお店の信頼に関わってきますからね。
なので、いつも美味しいものを提供するというのは簡単そうですごく難しいことですね。