言語道断

【漢字】言語道断
【読み】ごんごどうだん
【意味】言葉にならないほどひどい。もってもほかだ。
【例文1】身内の葬儀にも参列しないとは言語道断だ。
【例文2】責任転嫁なんて言語道断だ。
【例文3】無差別殺人とは言語道断だ。

言語道断をテーマにした記事

なぜ意味が変化したかわからない「言語道断」

言語道断は比較的よく使われる四字熟語と言っていいでしょう。「あまりにひどくて話にならない。言うべき言葉も見つからない。もってのほか」というのがその意味です。
「あの人はミスをした上にそれを人に責任転嫁するなんて、言語道断だよ」というように使われます。
しかし、もともとは、言語道断はそういう意味ではありません。まったく違う意味で使われていたのです。
言葉の由来は仏教。「真如と呼ばれる仏法の奥深い真理は、とても言葉では表現できないものだ」というのが、仏教における言語道断の意味なのだと言います。
どこにも「ひどい、もってのほか」というニュアンスは存在しません。
平家物語』でも、「言葉に尽くせないほど立派」の意味で使われていると言います。
それがどうして今のような意味に変化したのか。ちょっと調べてみましたが、わかりませんでした。想像すると「ごんごどんだん」という語感の強さや、「断」という文字が使われているために、否定的な意味を持つようになったのかもしれません。
連想するのが、歌舞伎の『勧進帳』。関所を通してくれない役人に対し、山伏に変装した弁慶が「言語道断。かかる不祥のあるべきや」と憤るシーンがあります。
ここでは「とんでもない話だ」という意味で使われていると考えていいでしょう。
この芝居が作られたころには、すでに意味が変化していたということになりますね。どこでどうして変化したのか、ぜひ知りたいものです。

言語道断な世の中になってはいけません

最近、言語道断と思えるニュースを耳にしました。
駐車場の停め方を注意した人が、注意された側の人間の煽り運転を受けて車を強制的に止められ、そこに後ろから来たトラックに轢かれて亡くなると言う、悲惨な事件を知ったのです。
ニュースで詳細を知ったのですが、注意した側には何の落ち度もないと思いました。
にもかかわらず、注意された側は自分の間違いを反省もせず、注意した側に危害を加えようと煽り運転をした事に、腹が立って仕方がありませんでした。
間違った事をしている人が居たら、注意するのは当たり前のことです。
そんな当たり前のことをしただけで、逆恨みをされたのではたまったものではありません。
最近は自分が悪い事をしているにもかかわらず、注意された人を逆恨みする人が増えているような気がします。
このような事件が発生すると、悪い事をしている人を発見しても、怖くて注意をしない人が増えてしまう恐れがあるのです。
そうなればますます悪い事をしている人が増えてしまい、世の中が無茶苦茶になってしまう恐れがあります。
ですからこのような言語道断な行いをする輩はどんどん検挙をして、世の中からいなくする方が賢明です。
みんなが安心して暮らせる世の中を作る為に、言語道断な人間を野放しにしてはいけません。

」で始まる言葉一覧

2100.五里霧中  2043.ごまめの歯軋り  2067.小耳に挟む  2103.転ばぬ先の杖  2127.コロンブスの卵  2163.言語道断  2186.権兵衛が種まきゃ烏がほじくる  2139.怖いもの見たさ  2004.子どもの喧嘩に親が出る  2079.孤立無援  2055.胡麻を擂る  2031.子は三界の首枷  2151.子を持って知る親の恩  2174.今昔の感  2115.転んでもただでは起きない  2017.子はかすがい  1992.言葉を濁す  1978.小手調べ  1963.腰を抜かす  1948.腰を据える  1917.腰を上げる  1897.故事来歴  1801.腰が低い  1875.五十歩百歩  1840.この親にしてこの子あり  1818.腰が弱い  1851.虎視眈々  1834.腰巾着  1747.腰が重い  1729.古今東西  1765.腰が強い  1783.腰が抜ける  1711.心を許す  1450.心に残る  1588.心を奪われる  1609.心を鬼にする  1545.心を痛める  1630.心を砕く  1522.心許ない  1567.心を打つ  1693.心を引かれる  1672.心を込める  1499.心にもない  1499.心にもない  1475.心に触れる  1424.心に刻む  1651.心を配る  1398.心に掛ける  1371.心に浮かぶ  1225.こけら落とし  1315.心が弾む  1255.心が重い  1285.心が通う  1344.志を立てる  1101.黒白をつける  1133.小首を傾げる  1165.孤軍奮闘  1195.虎穴に入らずんば虎子を得ず  1068.極悪非道  1035.故郷へ錦を飾る  1002.声を呑む  969.呉越同舟  935.業を煮やす  829.紺屋の明後日  793.公明正大  756.弘法筆を選ばず  678.公平無私  717.弘法にも筆の誤り  640.郷に入っては郷に従え  900.功を奏する  601.荒唐無稽  865.紺屋の白袴  229.後悔先に立たず  315.厚顔無恥  272.口角泡を飛ばす  440.好事魔多し  562.口頭試問  480.後生畏るべし  357.巧言令色  521.広大無辺  398.孝行のしたい時分に親はなし  185.甲乙付け難し  53.紅一点  141.行雲流水  10.鯉の滝登り  97.光陰矢のごとし