「縁もゆかりもない」とは、何の関係も繋がりもないこと。

「縁もゆかりもない」とは、何の関係も繋がりもないこと。

読み方: えんもゆかりもない

意味:

  • 何の関係も繋がりもないこと。
  • 全く知らないこと。

例文:

  • 私は、その土地に縁もゆかりもない。
  • 彼とは、縁もゆかりもない他人だ。
  • その事件とは、縁もゆかりもない。

類義語:

  • 無関係
  • 無縁
  • 関係ない
  • 全く知らない
  • 知らぬ顔
  • 他人
  • 無縁の人
  • 関係のない人
  • 関係のない話
  • 無関係の話

対義語:

  • 関係がある
  • 繋がりがある
  • 知っている
  • 親しい
  • 縁がある
  • ゆかりがある
  • 深い関係
  • 密接な関係
  • 親密な関係

補足:

  • 「縁」は、人や物との繋がりを表す言葉です。
  • 「ゆかり」は、特別な関係や繋がりを表す言葉です。
  • この二つの言葉を重ねることで、全く関係がないことを強調しています。

関連表現:

  • 関係
  • 繋がり
  • 知人
  • 友人
  • 親戚
  • 家族

参考:

  • 縁もゆかりもない - goo国語辞典: [無効な URL を削除しました]
  • 縁もゆかりもない - コトバンク: [無効な URL を削除しました]

例文:

  • 私は、その土地に縁もゆかりもないので、何も知らない。
  • 彼とは、縁もゆかりもない他人なので、関わりたくない。
  • その事件とは、縁もゆかりもないので、興味がない。

会話例:

  • A: あの人は、どこから来たんだろう?
  • B: 知らない。私とは、縁もゆかりもない人みたいだよ。
  • A: そうなんだ。

その他:

  • 「縁もゆかりもない」は、様々な場面で使われる表現です。
  • 人との関係、場所、物など、様々な対象に使えます。

参考URL:
「えんもゆかりもない」の意味や使い方 わかりやすく解説 Weblio辞書