下手の道具立て

【漢字】下手の道具立て
【読み】へたのどうぐだて
【意味】
【例文】

下手の道具立てをテーマにした記事

「下手の道具立て」の意味・対義語

「下手の道具立て」とは、
「腕のない職人ほどうるさく道具を選び、注文をつけたがる」
という意味です。
「下手の道具調べ」ともいいます。

ちょっとマイナーな言葉かもしれませんが、
ちょうど逆の意味のことわざで、とても有名なものがあります。
「弘法筆を選ばず」。
弘法大師のような書の名人なら、どんな粗末な筆でも美しい文字が書ける、
一流の人間はどんな道具でも素晴らしい仕事をするものだ、という意味です。

現代に置き換えてみるとわかりやすいかもしれません。

仕事には〆切や予算など、いろいろな制約があるものです。
こうした制約のせいで仕事がうまく進まないとき、わたしたちは、
「納期に余裕がないから…」
「スペースの関係でこれ以上は…」
と言い訳をしたり、
「もっと予算がないと無理です!」
と文句を言ったりしたくなりますよね。

そう言いたくなるのは当然ですし、仕事をしていく上では妥協だって必要です。
ですがもし、その仕事に関して「超一流」の人が同じ状況に立ったら…どうでしょうか。

想像でしかありませんが、
弘法大師が「どんな粗末な筆でも美しい文字が書けた」というのが本当なら、きっと彼は、
「この筆の癖をどう活かそうか」
と考え、それを楽しんでいたのではないかと思うのです。

道を極めたプロフェッショナルには、「制約」が逆に「面白さ」に変わってしまうような、
厳しい条件こそを楽しんでしまえるような、そんな世界が見えているのかもしれません。

道のりは厳しそうだけれど、その境地にたどり着いたら、とても楽しいだろうなと思います。
それまでは「私は弘法じゃないので!」と、道具立てを頑張るのも必要かもしれませんね。