孤立無援

【漢字】孤立無援
【読み】こりつむえん
【意味】一人ぼっちで誰からの援助も無い。
【例文1】孤立無援の生活に限界を感じる。
【例文2】人付き合いが無く孤立無援。
【例文3】老後、孤立無援になる。

孤立無援をテーマにした記事

孤立無援にだけはなりたくないですね。

人付き合いが苦手で一人で過ごすのが好きな私は友達も少なく、連絡を取り合う友達もほんの一握りです。
以前はたくさん友達もいたのですが、仕事が上手くいかなくなってからさらに人間嫌いになり、こちらから一方的に連絡を絶ってしまいました。
わずらわしさが無くなってホッとしている反面、どこか寂しさを感じますし何かあったときに頼る人もおらず孤独を感じることもあります。
それでも今はまだ、両親や旦那がいるため孤立無援な状態ではありませんが、先のことを考えると怖くなります。
順番から行くと両親は先に天国へ行くでしょうし、旦那も私より10歳近く年上なので、将来私は独りぼっちになるのではと思っています。
私には子どももいませんし、このままいくとまさに孤立無援状態まっしぐらでしょう。
そうならないためにも友達や親戚との付き合いを深めようと頭ではわかっているのですが、なかなかうまくいきません。
そもそも、本当に信頼できる相手ならば喜んで付き合いたいですが、何故かいつも私ばかり相談される側で、こちらが助けて欲しい時には他人事のように扱われることが多かったので、無理に友達付き合いをしても結局は孤立無援なのかもしれません。
孤立無援が心配で長生きするのも躊躇してしまいそうです。

孤立無援にならないために

窮地に陥ったとき、誰も助けてくれず、自分一人の力で解決しなければいけない状態になってしまうのは大変です。もしかしたら一人で解決できる問題もあるかもしれませんが、裏を返せば一人では太刀打ちできない問題もあるということです。他人の力が必要なとき、誰も助けてくれない状態になってしまったら万事休すでしょう。

ではこのような孤立無援になってしまわないためには、どうすれば良いのでしょうか。答えは簡単で、普段から他人を思いやることです。情けは人の為ならずともいうように、他人に施した情けというのは、いずれ巡り巡って自分に返ってきます。とはいえ、あからさまに他人にありとあらゆる親切をしようとすると、それは媚びを売っているように見えてしまうので逆効果です。なので「あの人の様子がちょっと心配だな」と思ったときに、少し手を貸すだけでも良いと思います。小さな親切であっても、相手にとってはとても有難いことであるかもしれませんから。

それにどんな人であっても、今までの人生を振り返ってみれば、誰かしらに助けてもらった経験があるのではないでしょうか。それなのに『自分は誰のことも助けない』というのは虫が良すぎる話だと思います。綺麗事かもしれませんが、人はお互いに助け合いながら生きていくべきではないのでしょうか。

」で始まる言葉一覧

2100.五里霧中  2043.ごまめの歯軋り  2067.小耳に挟む  2103.転ばぬ先の杖  2127.コロンブスの卵  2163.言語道断  2186.権兵衛が種まきゃ烏がほじくる  2139.怖いもの見たさ  2004.子どもの喧嘩に親が出る  2079.孤立無援  2055.胡麻を擂る  2031.子は三界の首枷  2151.子を持って知る親の恩  2174.今昔の感  2115.転んでもただでは起きない  2017.子はかすがい  1992.言葉を濁す  1978.小手調べ  1963.腰を抜かす  1948.腰を据える  1917.腰を上げる  1897.故事来歴  1801.腰が低い  1875.五十歩百歩  1840.この親にしてこの子あり  1818.腰が弱い  1851.虎視眈々  1834.腰巾着  1747.腰が重い  1729.古今東西  1765.腰が強い  1783.腰が抜ける  1711.心を許す  1450.心に残る  1588.心を奪われる  1609.心を鬼にする  1545.心を痛める  1630.心を砕く  1522.心許ない  1567.心を打つ  1693.心を引かれる  1672.心を込める  1499.心にもない  1499.心にもない  1475.心に触れる  1424.心に刻む  1651.心を配る  1398.心に掛ける  1371.心に浮かぶ  1225.こけら落とし  1315.心が弾む  1255.心が重い  1285.心が通う  1344.志を立てる  1101.黒白をつける  1133.小首を傾げる  1165.孤軍奮闘  1195.虎穴に入らずんば虎子を得ず  1068.極悪非道  1035.故郷へ錦を飾る  1002.声を呑む  969.呉越同舟  935.業を煮やす  829.紺屋の明後日  793.公明正大  756.弘法筆を選ばず  678.公平無私  717.弘法にも筆の誤り  640.郷に入っては郷に従え  900.功を奏する  601.荒唐無稽  865.紺屋の白袴  229.後悔先に立たず  315.厚顔無恥  272.口角泡を飛ばす  440.好事魔多し  562.口頭試問  480.後生畏るべし  357.巧言令色  521.広大無辺  398.孝行のしたい時分に親はなし  185.甲乙付け難し  53.紅一点  141.行雲流水  10.鯉の滝登り  97.光陰矢のごとし