少年老い易く学成り難し

【漢字】少年老い易く学成り難し
【読み】しょうねんおいやすくがくなりがたし
【意味】少年だと思っていたがいつの間にか年を取り、老いてから物事を始めるのは難しいものである。
【例文】少年老い易く学成り難しだから若いうちに何でもチャレンジする。

少年老い易く学成り難しをテーマにした記事

少年老い易く学成り難しの精神で頑張るべきです

現在学生さんで、勉強が嫌で嫌でたまらないと考えている人が大勢いるはずです。
特に自分が関心のない分野の勉強は、やりたくないと思うのが人です。
しかしやりたくなくても、やっておいた方が良いと言えます。
何故なら勉強が出来る時にしておかないと、後で後悔するからです。
少年老い易く学成り難しという言葉を聞いた事があると思います。
この言葉は、学問と言うのは簡単に習得できるものではなく、習得するには時間が掛かるから、時間がある学生の内に勉強はしておいた方が良いというものです。
社会に出ると、色々な知識を要求される事があります。
こんな分野でこんな知識が必要なのかと、思わされる事があります。
こんな時ちゃんと勉強しておかないと、とても後悔する事に成るのです。
学生さんの中には、社会人になってから勉強すればいいのではと考えている方がいると思いますが、それは甘い考えです。
社会人ともなると日々仕事に追われ、時間もなく疲れもあり、勉強したくてもできません。
次から次へと覚える事があり、学校で習う分野の勉強などしている暇がないのです。
ですから、社会人になってから勉強すれば良いなどと言う甘い考えは捨てるべきです。
現在勉強が嫌でたまらない学生さんは、少年老い易く学成り難しを念頭に置いて、勉強に励む事をお勧めします。