早起きは三文の徳

【漢字】早起きは三文の徳
【読み】はやおきはさんもんのとく
【意味】早起きすると何か良い事が起きるものである。
【例文1】朝の散歩で美女と出会えて早起きは三文の徳だ。
【例文2】静かで勉強がはかどり早起きは三文の徳だ。
【例文3】頭がスッキリして早起きは三文の徳だ。

早起きは三文の徳をテーマにした記事 

早起きは三文の徳とは

「早起きは三文の徳」とは、朝早く起きることは良いことがあるということからきたことわざです。早起きすると健康にも良く仕事や勉強もはかどり自分にとって何かしらの利益があることが由来となっています。三文の徳の三文とは一文銭三枚のことでごくわずかという意味となります。三文は現在の価格では100円と同じ価値だとされていて、わずか三文だけであっても朝早く起きることは得るものがあるということから早起きは三文の徳ということわざができました。
確かに朝早く起きると時間にゆとりが出来ます。人間はゆとりが無いと焦ってしまったり物事の失敗や他人に対してイライラするなど悪循環となります。ゆとりがあるだけで人に優しくできるのです。また、朝ご飯をゆっくり食べる時間が出来るので朝ご飯をしっかり食べることは脳の活性化につながり、結果的に仕事や勉強にも大きく関わってきます。他にも早起きをするとホルモンバランスや自律神経を整える効果もありますので健康や免疫力アップにもなります。このように早起きは三文の徳ということわざは確かにその通りで、朝時間があるだけで心と身体にゆとりが出来良いことばかりなので、普段からなるべく早起きをするように心がけることが大切です。

本当に早起きは三文の徳

私は以前家庭教師をしていた為、仕事時間は基本的に夕方から夜で、帰宅時間が23時以降になるので寝るのも1時過ぎになり、朝は主人の朝食も用意することなく、出かけたことに気付かないこともあるくらい昼前まで寝ていました。収入も安定していましたし、仕事も楽しかったので辞める理由もなく仕事をしていましたが、ある時なかなか子供に恵まれないことに気づきました。不妊治療を始めてみても、特に大きな異常はなく理由が分からないまま数年が経ちました。
このままではいけないと思い、妊活の為と思い切って仕事を辞め、当時読み始めた妊活の本に書いてある通り、早起きして散歩をするというのを試してみることにしました。夜は22時には寝て、朝は主人と同じ6時くらいに起き、朝食をきちんと用意し7時に一緒に食べ、主人を見送ったらすぐ毎朝40分の散歩に出かけるようになりました。始めは午前中眠いだけで目立った効果はなかったのですが、2ヶ月後には便秘がちだったのが解消され、3ヶ月後には体質が改善され始めやせてきて、半年後には近所の方と挨拶をしたり会話したりするような穏やかな人間関係が築け、約1年後には妊娠しました。
仕事を辞めたということをきっかけに、午前中寝るだけの生活から午前中を活用する生活にしただけで、心身のバランスが取れ、今まで望んでいたことが叶いました。
早起きは三文の徳という言葉を若いときは信じておらず、目先の収入に囚われてばかりで損をしていたなと思っています。今後も今の生活を続け、徳の恩恵を受け続けたいと思います。

」で始まる言葉一覧

2554肺腑を衝く 2318半畳を入れる 2270針の穴から天をのぞく 2261張り子の虎 2286歯を食い縛る 2207腹を抱える 2310半死半生 2358話半分 2302万事休す 2333パンドラの箱 2225腹を決める 2243腹を割る 2252波瀾(乱)万丈 2366鼻つまみ 2350畑違い 2342裸一貫 2216腹を固める 2278針のむしろ 2234腹を探る 2294反旗を翻す 2326半信半疑 2094腹が立つ 2047波紋を投げる 2023幅を利かせる 2143腹の皮がよじれる 2107腹が減っては戦ができぬ 2167腹八分に医者いらず 2198腸が煮えくり返る 2131腹に据えかねる 2009歯の根が合わない 2059早起きは三文の徳 2071腹が黒い 2035羽目を外す 2083腹が据わる 2155腹の虫が治まらない 2178腹も身の内 2119腹に一物 1997歯の抜けたよう 1968歯に衣着せぬ 1823鼻の下が長い 1806鼻に付く 1922鼻を明かす 1953花を持たせる 1938鼻を突く< 1883花も実もある 1860鼻持ちならない 1839花道を飾る 1904花より団子 1983羽を伸ばす 1752鼻で笑う 1770花に嵐 1788鼻に掛ける 1734鼻であしらう 1716鼻っ柱をへし折る 1433八方塞がり 1530鼻息をうかがう 1483鳩が豆鉄砲を食ったよう 1507鼻息が荒い 1698鼻っ柱が強い 1594話上手は聞き上手 1678話を付ける 1552鼻が高い 1407八方美人 1459破天荒 1573話が弾む 1636話に花が咲く 1657話の腰を折る 1615話にならない 1353這っても黒豆 1295八面六臂 1380発破をかける 1205バスに乗り遅れる 1235破竹の勢い 1265蜂の巣をつついたよう 1325ばつが悪い 1112馬耳東風 1144箸にも棒にも掛からない 1175恥の上塗り 913白髪三千丈 1014博覧強記 1080化けの皮がはがれる 981薄氷を踏む 1047薄利多売 947白眉 693白紙に戻す 732白砂青松 654白眼視 616箔が付く 770拍車を掛ける 878伯仲 842拍手喝采 201はかが行く 245場数を踏む 577馬脚を露す 288歯が立たない 537掃き溜めに鶴 331馬鹿とはさみは使いよう 496歯ぎしりをする 371馬鹿に付ける薬はない 414馬鹿の一つ覚え 157歯が浮く 69背水の陣 25敗軍の将は兵を語らず 113這えば立て、立てば歩めの親心