「張り子の虎」は、和紙や粘土などを型に貼り付けて乾燥させ、彩色した玩具

「張り子の虎」は、和紙や粘土などを型に貼り付けて乾燥させ、彩色した玩具です。

起源は古く、平安時代にはすでに存在していたと考えられています。当時は魔除けや厄除けとして飾られていました。

江戸時代になると、縁起物として広く普及するようになりました。虎は勇猛果敢な動物とされ、厄除けや立身出世のご利益があると信じられていました。

また、子供の玩具としても人気がありました。

現代でも、張り子の虎は縁起物や玩具として親しまれています。五月人形の飾り物として飾ったり、子供のお土産としてプレゼントしたりすることが多いです。

張り子の虎の種類

張り子の虎には、様々な種類があります。

  • 伝統的な張り子の虎:和紙や粘土などを型に貼り付けて乾燥させ、彩色した虎です。
  • 置物:机や棚などに飾るための虎です。
  • 人形:紐を引っ張ると首が動く虎です。
  • 風車:風で回る虎です。
  • 笛:息を吹き込むと音が鳴る虎です。

地域によっても、様々な種類の張り子の虎があります。

張り子の虎の作り方

張り子の虎は、伝統的な製法で作られています。

  1. 型を作る:粘土などで虎の形を作ります。
  2. 和紙を貼る:型に和紙を貼り付けます。
  3. 乾燥させる:和紙が乾くまで待ちます。
  4. 彩色する:虎に色を塗ります。
  5. 仕上げ:目や鼻などの細かい部分を描き、完成です。

張り子の虎の選び方

張り子の虎を選ぶ際には、以下の点に注意しましょう。

  • 用途:飾り物として飾るのか、玩具として遊ぶのかによって、選ぶ虎が変わってきます。
  • 大きさ:置く場所に合わせて、大きさを選びましょう。
  • デザイン:様々なデザインの張り子の虎があるので、自分の好みに合ったものを選びましょう。
  • 価格:価格帯も様々なので、予算に合わせて選びましょう。

張り子の虎の飾り方

張り子の虎は、以下のような場所に飾ることができます。

  • 玄関:魔除けや厄除けとして飾ります。
  • 子供部屋:玩具として飾ります。
  • リビング:インテリアとして飾ります。
  • 五月人形:五月人形の飾り物として飾ります。

張り子の虎のお手入れ

張り子の虎は、以下のような点に注意してお手入れしましょう。

  • 直射日光や高温多湿を避け、風通しの良い場所で保管しましょう。
  • 汚れが付着した場合は、柔らかい布で拭き取ってください。
  • 水に濡らさないでください。

張り子の虎に関する豆知識

  • 張り子の虎は、寅年に特に人気があります。
  • 張り子の虎は、縁起物として贈り物にも最適です。
  • 張り子の虎は、日本各地で作られています。

その他

張り子の虎について、他に知りたいことはありますか?

  • 特定の地域で作られている張り子の虎について
  • 張り子の虎の歴史
  • 張り子の虎の有名産地

参考URL:
張子の虎 - 伽楠(かなん)