猫の魚辞退

【漢字】猫の魚辞退
【読み】ねこのうおじたい
【意味】
【例文】

猫の魚辞退をテーマにした記事

ことわざにおける猫の魚辞退の意味とは?

まず、ことわざとは古くから人々の間で語り継がれてきた教訓や知識などを含んだ言葉のことでその数はなんと4万種類以上あります。そのため普段、友達や家族との会話やメールなどのやり取りでことわざを使う人も多いでしょう。またテレビやラジオなどでもタレントが使っていることを耳にしたことがあるという人も少なくないのではないでしょうか。

そのことわざの中には「猫」が含まれているものがたくさんあります。その中で「猫の魚辞退」という言葉を知っていますか?これはかなりマイナーなものなので聞いたことが無いという方もいるかもしれません。

この「猫の魚辞退」とは、猫が大好きな魚を目の前にして「いらない」と言うことから、本当は欲しいと思っているのに本心を隠し、口先だけ取り繕って断ることを表したことわざです。また、一時的でそう長くは続かないことの例えでもあります。主に、やせ我慢をしている時に用いることが多いようです。

会話では以下のように使います。
「うちの息子、この前の数学のテストで0点を取ってしまったから、今後お小遣いは一切いらないとか言っているのよ。そこまでしなくていいのに」
「猫の魚辞退だね。まったく本当は欲しいくせにいつまで続くのやら」

」で始まる言葉一覧

1838.猫の魚辞退 1859.猫ばば 1294.念には念を入れる 1204.根を張る 1234.年貢の納め時 1264.念頭に置く 1324.念を押す 1111.寝る子は育つ 1143.音を上げる 1174.根を下ろす 912.熱を入れる 1013.根掘り葉掘り 1079.根も葉もない 1046.寝耳に水 946.寝ても覚めても 980.根に持つ 805.熱しやすく冷めやすい 691.ねじを巻く 730.寝た子を起こす 652.ねじが緩む 769.熱が冷める 877.熱を上げる 841.熱に浮かされる 243.猫に小判 575.猫を被る 329.猫の手も借りたい 286.猫の首に鈴を付ける 535.猫も杓子も 494.猫の目のよう 412.猫の額 155.猫なで声 199.猫に鰹節 67.願ってもない 23.願ったり叶ったり 111.寝首を掻く