「耳に障る」 は、聞いていて不快に感じたり、うるさく思ったりすることを意味する慣用句

「耳に障る」 は、聞いていて不快に感じたり、うるさく思ったりすることを意味する慣用句です。

読み方

  • みみにさわる

語源

このことわざの語源は、江戸時代の言葉遊びから来ていると言われています。

江戸時代には、「障る」という言葉に、「触れる」という意味と「妨げる」という意味の2つがありました。

「耳に障る」という言葉は、この2つの意味を掛け合わせて、「聞いていて不快に感じる」という意味を表すようになったと考えられています。

意味

現代では、「耳に障る」という言葉は、様々な場面で使われます。

例えば、

  • 隣人の犬の鳴き声が「耳に障る」。
  • 子供たちの騒ぎ声が「耳に障る」。
  • 彼の高飛車な話し方が「耳に障る」。

のように使われます。

使い方

「耳に障る」という言葉は、形容動詞として使われます。

例文

  • 彼は、彼女の悪口を聞いて、「耳に障った」。
  • その音楽は、あまりにも音量が大きく、「耳に障った」。
  • 先生の話し方は、ゆっくりとしていて聞き取りやすかったが、時々早口になるのが「耳に障った」。

類義語

  • 耳障りが悪い
  • 不快
  • うるさい
  • 騒々しい
  • 耳障り

対義語

  • 心地よい
  • 気持ちよい
  • 美しい
  • 心地よい
  • 心地よい

その他

「耳に障る」という言葉は、比較的古い言葉ですが、現在でもよく使われています。

聞いていて不快に感じたり、うるさく思ったりする様子を、簡潔かつ力強く表現できる言葉として、多くの人に好まれています。

まとめ

「耳に障る」は、聞いていて不快に感じたり、うるさく思ったりすることを意味する慣用句です。

簡潔かつ力強く、聞いていて不快に感じたり、うるさく思ったりする様子を表現できる言葉として、多くの人に好まれています。

参考URL:
耳に障る(みみにさわる)とは? 意味・読み方・使い方をわかりやすく解説 - goo国語辞書