身を挺する

【漢字】身を挺する
【読み】みをていする
【意味】身を投げ出して行動に出る。
【例文】父が川でおぼれた子どもを身を挺して助ける。

身を挺するをテーマにした記事

身を挺して助けることは覚悟がいります

川で溺れかけている幼児を身を挺して救った、というニュースをよく聞いたりします。
身を挺するという言葉の意味は、「身を投げ出して事を対処する、または率先して事に当たる」ことを言います。
海のシーズンで溺れかけている子供を救う親や大人や、駅のホームから転落した方を救うなど、素晴らしいニュースがある反面、助けようとして命を落とされてしまう方もいらっしゃるのも事実です。
命を落とされることには大変悲しい気持ちになりますし、その方の命を救えるような何か手立てがなかったかどうか、色々考えさせられることがあります。
特に、駅のホームから転落された方を助けようと線路に入り、電車にはねられる事故は大変痛ましいことです。
目の不自由な方が電車に乗るのをさけられる方も多くいらっしゃいますが、これは駅のホームが危険と隣り合わせであるからです。
首都圏の鉄道各線においては、ホームに落下防止柵を設けたり、ホームドアを設置したりと、対策を講じていますが、これらのインフラ整備はまだまだ不十分です
さらに、朝夕には駅員さんや警備員を配置し、有事に備える対応も実施していますが、それでも不十分さは否めません。
鉄道会社においては、積極的にホームドアの設備投資を何よりも優先度を上げて実施すべきです。