見切り発車

【漢字】見切り発車
【読み】みきりはっしゃ
【意味】満員になったところで乗客を見切って発車することから、議論が不十分なまま決定が下る。
【例文1】企画会議が見切り発車で納得がいかない。
【例文2】結論がでないまま見切り発車する。

見切り発車をテーマにした記事

見切り発車するのは勇気が入りますが…

見切り発車はこの先の事が明確では無いケースであっても、物事を決断したり実践するケースにも使用されます。

けれども、そういったことを現実の上でこなすのには、それなりの理由があります。

データとかが十分にないけれど、とりあえず試してみようとするのは見方によっては確かに無謀という一面もあるかもしれません。

それでも、目標を達成させるために見切り発車ができるというのは勇気がある場合になります。

でも、いくら勇気があってもチャレンジできるのは成功を信じてるからだという気がします。

見切り発車のいいところは、物事に対する取り組みが迅速ということです。

状況次第では、考えるケースもあるでしょがそれでもそちらの方が良さそうです。

実際に成功者の人達は、よく「行動してから考える」みたいですし、なかなか理にかなった方法ともいるのでしょう。

ただ自分自身に置き換えてみると、まだまだ見切り発車の常連者ではないですし、反対に「石橋を叩いて渡る」タイプです。

なので、今後はもうすこし、そのことわざにハマってる状態から脱出していくのを課題にします。

それを続けていき、論議を十分にしなくても決定や実行がナチュラルに出来るのが理想です。


慣れるまでは、ちょっとは思い切りが入りそうですが慣れると問題ないでしょう。

 

見切り発車でも先に動いた方が良い

見切り発車で結論が出ないうちに、動き出してしまうことがあります。
しかし、時にはそれが有効になることもあります。

動き出しながら次の手を考えることで、わざわざ最終結論を待たずとも動き出すことができるでしょう。

それを考えると、なるべく早く行動したほうが良いのではないかという気がしてきます。
ぐずぐずといつまで考えてもラチが明かないこともあります。

思わぬアイデアは動いている時や、別のことをやっている時、またはリラックスしている時などに浮かびやすいようです。
机の前で考えていても、良いアイデアは浮かびにくいものかもしれません。

会議を長引かせても、時間が過ぎて行くだけで、一向に良いアイデアが生まれないのに似ているような気がします。

フットワークが軽い人は、ともすると見切り発車になりやすいのかもしれません。
頭で考えるよりも先に体が動いてしまっているからです。

それを考えると、私もそうかもしれません。
じっくり考えて結論を出すこともありますが、ある程度考えても良いアイデアが浮かばない時は、とりあえず何かをやってみることにしています。

そうすることで、別のもっと良いアイデアが浮かんでくることもあります。
見切り発車をして上手くいかないこともあります。

しかし、早めに行動しているわけですから、それを修正する時間は十分にあると思います。

」で始まる言葉一覧

2542.水の流れと身の行方 2425.見様見真似 2407.見切り発車 2401.身を寄せる 2419.未曾有 2413.水掛け論 2319.身を切られるよう 2311.身を固める 2262.見るに堪えない 2395.身をもって 2287.身を誤る 2208.脈がある 2359.身を捨ててこそ浮かぶ瀬もあれ 2303.身を起こす 2351.身を粉にする 2334.身を削る 2226.未来永劫 2244.見ると聞くとは大違い 2374.身を挺する 2253.見るに忍びない 2367.身を立てる 2388.実を結ぶ 2381.身を投じる 2343.身を焦がす 2217.冥利に尽きる 2279.見る目がある 2235.見る影もない 2271.見るに見かねる 2295.身を入れる 2327.身を砕く 2096.耳を貸す 2012.耳にする 2049.耳に入る 2025.耳にたこができる 2145.耳をそばだてる 2109.耳を傾ける 2168.耳を塞ぐ 2121.耳をくすぐる 2190.身も蓋もない 2133.耳を澄ます 2073.耳寄りな 2037.耳に付く 2085.耳を疑う 2157.耳を揃える 2179.見向きもしない 1999.耳に障る 1863.実るほど頭の下がる稲穂かな 1970.耳慣れない 1825.身の振り方 1841.身の程知らず 1808.身の毛がよだつ 1924.耳が痛い 1955.耳が早い 1940.耳が肥える 1886.身二つになる 1906.耳打ちする 1985.耳に入れる 1772.身になる 1754.身につまされる 1790.身の置き所がない 1736.身に付ける 1718.身に付く 1411.味噌を付ける 1437.道が開ける 1463.道草を食う 1487.道を付ける 1682.身に覚えがない 1700.身に染みる 1598.三つ子の魂百まで 1556.三日坊主 1511.三日天下 1577.三日見ぬ間の桜 1640.緑の黒髪 1619.三つ指をつく 1661.身に余る 1534.三日にあげず 1357.身銭を切る 1300.水を差す 1210.水をあける 1240.水を打ったよう 1270.水を得た魚のよう 1384.店を畳む 1329.水を向ける 1117.水の滴るよう 1149.水は方円の器に従う 1180.水も漏らさぬ 918.水際立つ 1019.水と油 1052.水に流す 1085.水の泡 952.水臭い 811.水が合わない 699.見ざる聞かざる言わざる 738.微塵もない 622.みこしを担ぐ 660.みこしを据える 775.水入らず 883.水清ければ魚すまず 847.水が入る 460.右の耳から左の耳 207.身が入る 583.みこしを上げる 294.身から出た錆 543.見切りを付ける 251.身が持たない 337.右から左 502.右にならえ 377.右と言えば左 420.右に出る者がいない 163.磨きを掛ける 75.見得を切る 119.見栄を張る 31.ミイラ取りがミイラになる