紺屋の白袴

【漢字】紺屋の白袴
【読み】こうやのしろばかま
【意味】染物屋の店主は染めていない白の袴を着ていることから、他人の事でいっぱいで自分の事は後回し。
【例文1】結婚相談所の経営者は紺屋の袴で50歳未だ独身。
【例文2】世のお母さんは子ども優先で紺屋の白袴だ。
【例文3】長年住宅営業マンだが、アパート暮らしで紺屋の白袴

紺屋の白袴をテーマにした記事

紺屋の白袴」「医者の不養生」に続きそうな床屋の話

紺屋の白袴」「医者の不養生」はどちらも専門職でありながら自身の身の回りにそれが生かされていないことを指しています。
忙しすぎで自分自身のことにまで手が及ばないことから、他人のことを優先してしまっている状況を表現する際に使われます。
紺屋の白袴」は、染物をしているにも拘わらず一滴の染みもつけずに作業する技前を指しているという説もありますが、あまり用例として聞き及びません。
ともあれ、他人のことばかりで自分のことが疎かになってしまうのは如何なものか、と先日散髪にいった床屋で思い至ってしまいました。
その床屋は全国チェーン店で職人は個々に雇われているだけのようでした。
店長らしい人も存在せず支払いは事前にチケットを購入することで済ませるシステムです。
4人の職人がいましたが、互いには一切干渉せず黙々と仕事をこなしている風でした。
来店した順序に順番待ちをして手の空いた職人に散髪してもらうので、直前までどの職人に当たるかは分かりません。
特に気にした事はなかったのですが、その日の理髪師の髪型にはかなり度肝をぬかれました。
なんというかお先にどうぞといいたくなるくらいに髪の手入れがされていません。
ぼさぼさの髪を無理矢理に縛ったような珍妙な髪型です。
クイズで周囲に人が住んでいない場所にある床屋に2人の理髪師がいるというのを思い出しました。
整った髪形の理髪師と、下手な散髪をされた理髪師のどちらを選ぶかと言う問題です。
互いに散髪しあうのですから下手な散髪をされた理髪師のほうが腕前がよいというのが正解です。
実際それに近い状況かもしれませんが、センスのなさはあからさまに伝わってきます。
結果的には真っ当な仕事をしてもらえたのですが、複雑な気分で床屋を後にすることになりました。

」で始まる言葉一覧

2100.五里霧中  2043.ごまめの歯軋り  2067.小耳に挟む  2103.転ばぬ先の杖  2127.コロンブスの卵  2163.言語道断  2186.権兵衛が種まきゃ烏がほじくる  2139.怖いもの見たさ  2004.子どもの喧嘩に親が出る  2079.孤立無援  2055.胡麻を擂る  2031.子は三界の首枷  2151.子を持って知る親の恩  2174.今昔の感  2115.転んでもただでは起きない  2017.子はかすがい  1992.言葉を濁す  1978.小手調べ  1963.腰を抜かす  1948.腰を据える  1917.腰を上げる  1897.故事来歴  1801.腰が低い  1875.五十歩百歩  1840.この親にしてこの子あり  1818.腰が弱い  1851.虎視眈々  1834.腰巾着  1747.腰が重い  1729.古今東西  1765.腰が強い  1783.腰が抜ける  1711.心を許す  1450.心に残る  1588.心を奪われる  1609.心を鬼にする  1545.心を痛める  1630.心を砕く  1522.心許ない  1567.心を打つ  1693.心を引かれる  1672.心を込める  1499.心にもない  1499.心にもない  1475.心に触れる  1424.心に刻む  1651.心を配る  1398.心に掛ける  1371.心に浮かぶ  1225.こけら落とし  1315.心が弾む  1255.心が重い  1285.心が通う  1344.志を立てる  1101.黒白をつける  1133.小首を傾げる  1165.孤軍奮闘  1195.虎穴に入らずんば虎子を得ず  1068.極悪非道  1035.故郷へ錦を飾る  1002.声を呑む  969.呉越同舟  935.業を煮やす  829.紺屋の明後日  793.公明正大  756.弘法筆を選ばず  678.公平無私  717.弘法にも筆の誤り  640.郷に入っては郷に従え  900.功を奏する  601.荒唐無稽  865.紺屋の白袴  229.後悔先に立たず  315.厚顔無恥  272.口角泡を飛ばす  440.好事魔多し  562.口頭試問  480.後生畏るべし  357.巧言令色  521.広大無辺  398.孝行のしたい時分に親はなし  185.甲乙付け難し  53.紅一点  141.行雲流水  10.鯉の滝登り  97.光陰矢のごとし