春夏秋冬

【漢字】春夏秋冬
【読み】しゅんかしゅうとう
【意味】春・夏・秋・冬の四つの四季。
【例文】日本の春夏秋冬の景色は美しい。

春夏秋冬をテーマにした記事

春夏秋冬がある日本に生まれて幸せです

私ははっきりとした春夏秋冬がある日本に生まれて、幸せだなと思っているのです。
春には入学式や入社式があり、穏やかな陽気のおかげで桜が咲き、これからやるぞという気分を盛り上げてくれます。
夏には気温も上がり、薄着でいられるようになって心が解放的になり、色々な事にチャレンジしたく成ります。
秋にはカエデやもみじが紅葉して、自然の芸術を楽しむ事が出来るのです。
冬には雪が降り、辺り一面を真っ白に染め上げて、聖なる気分にしてくれます。
この様に日本には春夏秋冬があることで、季節ごとにそれぞれ特色が生まれ、一年中飽きずに過ごす事が出来ているのです。
春夏秋冬があることで、日本には海外からたくさんの外国人観光客が訪れます。
そのおかげで観光産業は、潤っていると言えます。
日本は世界的に見ても小さな国ではありますが、世界からの観光客が多く、それを支えているのは春夏秋冬があるおかげです。
もし日本に春夏秋冬がなかったとしたら、これほど多くの外国人観光客が訪れるとはないと思います。
最近は車やエアコンの普及で、季節を強く感じる事が少なくなりましたが、せっかく春夏秋冬がある国に生まれたのですから、もっと季節を感じるように生活するようにした方が良いと思われます。