愁眉を開く

【漢字】愁眉を開く
【読み】しゅうびをひらく
【意味】心配事がなくなりホッとする。
【例文1】大手企業から内定をもらい愁眉を開く。
【例文2】結婚が決まり愁眉を開く。

愁眉を開くをテーマにした記事

愁眉を開くとは

愁眉を開くとは心配事や悲しみがなくなって、安心することのたとえです。
人が求めているところの最後って、これですよね。安心したいってことなんですよね。
どの悩みも、例えばお金が欲しいっていう願望は、日々お金の勘定に気を取られないで、好きなものを選べて衣食住が満たされて安心した生活を送りたいってことなんですよね。
お金そのものが欲しいってわけではないんですよね。
他の悩みで、いい人と結婚したいっていうのだって、一緒にいて心の中が安定して生活にも困らず愛を注いでもらえて安心した環境に身を置きたいって事なんだと思います。
つまり、心がほっとするとか、リラックスしていたいというささやかで単純な願いなんですよね。
皆それを願っているんですが、現代人はなんだかんだと気が立っていて忙しさでそれが叶える時間が少ないのかもしれないですね。
でも、一日の数分でも意識してリラックスできる環境を作るっていうのは大事ですね。
コーヒーが好きな人だったら、好きなカフェで飲むのもいいし、家で好きなマグカップで好きなコーヒーを飲むのもいいですよね。
または、好きな歌手のライヴDVDを毎朝見てから出勤するとか、自分がリラックスできることならなんでもいいんですよね。
もっと、自分を自分でリラックスさせる努力は必要ですね。

ドラフト会議で「愁眉を開く」ような選手の満面の笑み

毎年10月の下旬の時期に行われるスポーツ界だけでなく、社会全体が関心を抱く恒例行事がありますよね。もしかして「ハロウィーン」と思った方もいるかもしれませんが、残念ながら不正解です。正解は「プロ野球ドラフト会議」です。

この時期必ず開催されるもので、関係者にとってみれば、もしくは球団からすれば球団の運命を左右されかねないことであり、ドラフトに指名される選手側にとっては人生を左右されかねない行事ですよね。特に選手側からすれば入団する球団によっては上手くいかなかったり、逆に成功し、球団もしくはリーグ、球界を代表するプレーヤーになれるかもしれません。いち視聴者からみれば、選手がどこの球団に指名されるか、もしくは球団がどの選手を指名するかという楽観的な立場で観ることが出来ますが、指名を待つ選手側からすれば公開就職活動みたいなものですよね。本当に凄いと思います。

ドラフト会議で個人的に一番好きな場面、瞬間があります。それは、指名された時に見せる緊張解け、指名漏れするかもしれない不安が解消された時に見せる選手の満面の笑みがテレビ上で観える時です。まさにことわざでいう「愁眉を開く」瞬間が個人的にドラフト会議で一番好きな場面、瞬間だと感じます。