終始一貫

【漢字】終始一貫
【読み】しゅうしいっかん
【意味】初めから終わりまで態度や行動を変えないで貫き通すこと。
【例文】彼を何度注意しても終始一貫聞く耳を持たずあきれる。

終始一貫をテーマにした記事

終始一貫した生き方をする人を尊敬しています

私の人生は付和雷同と言う言葉がしっくりとするほど、人の意見に直ぐに賛同して、その場を上手く取りつくろっています。
そんな私の人生と真逆の生き方をしている人がいます。
生まれてから亡くなるまで一切考え方を変えない、終始一貫タイプの人です。
この終始一貫タイプの人は、人の意見に直ぐに賛同するような事はしません。
自分の主義主張にそぐわない場合は、人の意見に一切賛同しません。
ですからこの終始一貫タイプの人は、人と衝突することが多いタイプであると言えます。
私なんか直ぐに人の意見に賛同しますから、ほとんど人と衝突した事がありません。
社会で楽に生きて行くには、私の様な付和雷同タイプの方が適しています。
ですが人生をかっこよく生きるためには、終始一貫タイプでなくてはダメです。
人の意見にいちいち賛同していたのでは、自分の存在感を示す事が出来ませんから、とてもかっこの悪い生き方であると言えます。
ですから私は付和雷同の生き方をしていながら、終始一貫タイプの生き方をしている人に憧れを持っているのです。
自分の主義主張を貫き通す為には、過酷な試練を潜り抜けて行かなくてはならず、並大抵の人に出来る物ではありません。
ですから私の様な軟弱な精神を持った人間は、終始一貫タイプにはなれませんが、若し生まれ変われるのならば、かっこの良い終始一貫タイプの人生を送ってみたいでです。