四面楚歌

【漢字】四面楚歌
【読み】しめんそか
【意味】周りが敵ばかりで味方がいないこと。
【例文1】彼はごう慢で四面楚歌だ。
【例文2】四面楚歌で孤立する。

四面楚歌をテーマにした記事

四面楚歌になるいじめに打ち勝つには

四面楚歌。周囲がすべて敵や反対者で、まったく孤立して、助けや味方がいないこと。また、そのさま。(出典:新明解四字熟語辞典)
昔からとりあげられる、いじめ問題。学校でのいじめばかりクローズアップされますが、いじめ問題は大人になってからもなくなることはありません。
特に女性の場合、会社内やママ友仲間など、集団でいる限りは常にいじめ問題はつきまといます。
ちょっと集団からはずれた言動をするだけですぐにターゲットにされますし、可愛くてムカツク、自分の好きな人と仲が良いからムカツクなどと理不尽な理由でいじめられてしまいます。いじめられっ子をかばうとかばった自分までターゲットになっていじめられてしまうので、たいていは見てみぬふりをされてしまいます。
そうすると、完全に四面楚歌になります。
1日の大半を過ごす学校や会社、幼稚園や社宅のママ友など、狭いコミュニティの中で四面楚歌になってしまうと、本当に孤独でつらいものです。
子どもだったら、自殺も考えたくなるくらい、つらいでしょう。
そんな時は、自分が属するコミュニティを、増やしましょう。
学校だけでなく、習い事や塾。会社だけでなく、学生の頃の友達や習い事。コミュニティを増やして自分の世界を広げると、いじめられている世界が、とても狭く感じます。
世界は広いのです。その広さを、子どもに教えてあげましょう。