「嘘つきは泥棒の始まり」とは、嘘をつくことに慣れると、平気で他人のものを盗むようになる

「嘘つきは泥棒の始まり」とは、嘘をつくことに慣れると、平気で他人のものを盗むようになる。

意味:

  • 嘘をつくことに慣れると、平気で他人のものを盗むようになる。
  • 嘘は小さな悪事から始まり、やがて大きな悪事に手を染めるようになる。
  • 誠実さや倫理観を欠いた人は、様々な悪事に手を染める可能性が高い。

読み方: うそつきはどろぼうのはじまり

語源:

  • 中国の故事「晋書」に由来すると言われています。
  • 故事の中で、王衍という人物が嘘をつき続けていたところ、最終的には罪に問われて処刑されたという教訓が含まれています。

類義語:

  • 嘘から出たまことなし
  • 偽りは真実を欺くこと能わず
  • 誠実こそ最大の武器
  • 悪事千里を走る

対義語:

  • 誠実
  • 正直
  • 信頼
  • 真実
  • 正義

例文:

  • 子供の頃から嘘をつく癖があると、大人になっても泥棒などの犯罪に手を染める可能性が高い。「嘘つきは泥棒の始まり」という言葉を忘れないようにしよう。
  • 彼はいつも嘘ばかりついているので、誰も彼を信用していない。「嘘つきは泥棒の始まり」という言葉通り、いつか大きな悪事を働いてしまうのではないかと心配だ。
  • 会社の社長は社員に嘘をつき続けていたため、社員の信頼を失い、会社は倒産してしまった。「嘘つきは泥棒の始まり」という言葉は、どんな状況にも当てはまる教訓である。

補足:

  • このことわざは、単に嘘をつくことを戒めるだけでなく、誠実さや倫理観を持つことの大切さを教えています。
  • 嘘は人間関係を悪化させ、様々な問題を引き起こす可能性があります。
  • 誠実な態度で人と接することで、信頼関係を築き、より良い人生を送ることができるでしょう。

参考URL:
嘘つきは泥棒の始まり(うそつきはどろぼうのはじまり)とは? 意味や使い方 - コトバンク