背水の陣

【漢字】背水の陣
【読み】はいすいのじん
【意味】海を背に陣を取り、あえて逃げ場をなくし必死に戦う意味から、不利な中、全力を尽くすという意味。
【例文1】滑り止めなしの受験なので、背水の陣で勉強する。
【例文2】年齢制限もあり、今回が最後のオーデションに背水の陣で挑む。
【例文3】2名退場者が出たが、背水の陣で戦う。

背水の陣をテーマにした記事

12歳の背水の陣

私の子どもが中学受験をしました。
田舎に住んでいて、中学受験は珍しい土地柄です。受験校も一校しかありません。
仲が良かったママ友に、小学校四年生の終わりに、地元の中学校に行かないかもしれないことを伝えました。
そしたら、次の日から会話の中で度々嫌味を言われ、彼女の息子さんから学校で息子が少しいじめられるようになりました。
勉強には興味がないという顔をしたお母さんも、実は全然そんなことなくて、何か地雷を踏むと豹変するんだといい勉強になりました。
まだ五年生になる前でこの辺りでは、受験勉強を始めるには早過ぎる時期だったのに、そこまで悔しがる彼女が一緒に受験をしたいと言わなかったのが不思議です。
彼女の息子さんは、勉強はできる方でした。成績表は息子より良かったようです。
私の不注意な言動で、すっかり息子を窮地に陥れてしまい2年が過ぎ、いよいよ受験直前、最後の二ヶ月は塾で本番同様の直前演習が始まりました。
結果はすぐに返却されます。この時になって、息子は凡ミスを連発するようになりました。
あせった私は、ママ友のやっぱりねという顔を想像しながら、息子に叱咤激励の嵐。
息子はプレッシャーからか、更に順位を落としていきました。
浮上することなく試験当日になり、私はいろいろ考えてしまいました。
このまま受験失敗して地元の中学に通うことになれば、彼は更にいじめられてしまうかもしれません。
まさに背水の陣。背後には絶対に避けたい世界が広がっています。
この日の朝は怒るのをやめて、できないことはできないから、自分にできることを全部出し切ってきなさい。と声をかけました。
無事、息子は合格しました。
合格を知ったママ友は、私に声をかけて来なくなりました。
楽しく中学校に通う息子を見て、本当に良かったと毎日ホッとしています。

背水の陣の言葉の意味と使い方

背水の陣と言う言葉ですがその意味は、切羽詰まった状況の中で、もう後が無い状況に身を置き必死になって物事に当たると言う意味を表しております。これは中国故事に由来されており「漢と趙の最終決戦」での漢の取った作戦から来ているとされております。漢の部隊はあえて川を背にした場所に陣を敷き決戦を迎えましたが、背後に川がある事から漢の部隊は退却する事が出来ない為、決死の覚悟で戦いに臨み、勝利を収める事が出来たと言う事です。現代の一般社会や生活の中では「戦い」では無く、起こった事柄に対する対応の仕方として使用されます。具体的な使い方としては、「受験の志望校は一校に絞り背水の陣で受験勉強に取り組む」や、「この仕事は背水の陣で取り組まないとお客から多大なクレームを受けてしまう」等の様に、とにかく後が無い状況に追い込む時に使用します。又、背水の陣の言葉は、物事がうまく行った時には良いのですが、うまく行かなかった時は全滅してしまう等の意味合いがある事から、その様な本当に窮地に立った時に使うのが正しい使い方であると考えます。同じ様な意味合いを持つ言葉としては、「絶体絶命」や「九死一生」等があると考えますが、言葉を使う前の「覚悟」を決める時に使用するのが適切であると考えます。

背水の陣とは

背水の陣の意味は、切羽詰まっていて、もう一歩もひけないぎりぎりの状況のことを言います。または、このような状況に身を置いて、必死に物事に取り込むことをも言います。これは、中国の「史記」准陰侯伝に記された故事からの言葉です。漢の韓信という武将が、川を背に陣を立て、味方に必死の覚悟を固めさせて、趙(ちょう)の軍勢を破ったという故事からできました。背水、すなわち川を背にして布陣をしたためにこの言葉が生まれたのです。背後が川では勝てば良いのですが、負けたなら逃げる場所がありません。全滅か溺死です。ですから、もう逃げ場がないと兵士たちは必死に戦い、自分よりも強い相手に勝つことになったのです。
では、現代ではどのような使い方をするのでしょうか。ただ苦しい状況になったときに言う言葉ではありません。ぎりぎりまでやらなかった宿題に追われる状況で、この言葉を使えばかっこよく聞こえるかもしれませんが、これは間違った使い方です。例えば、志望校を一校しか受験しないとか、この仕事を失敗したら退職しますと宣言したような場合は背水の陣に当たります。つまり、失敗したなら困った状況になるようにして、否応なしに頑張るしかないようにすることなのです。

 

」で始まる言葉一覧

2554肺腑を衝く 2318半畳を入れる 2270針の穴から天をのぞく 2261張り子の虎 2286歯を食い縛る 2207腹を抱える 2310半死半生 2358話半分 2302万事休す 2333パンドラの箱 2225腹を決める 2243腹を割る 2252波瀾(乱)万丈 2366鼻つまみ 2350畑違い 2342裸一貫 2216腹を固める 2278針のむしろ 2234腹を探る 2294反旗を翻す 2326半信半疑 2094腹が立つ 2047波紋を投げる 2023幅を利かせる 2143腹の皮がよじれる 2107腹が減っては戦ができぬ 2167腹八分に医者いらず 2198腸が煮えくり返る 2131腹に据えかねる 2009歯の根が合わない 2059早起きは三文の徳 2071腹が黒い 2035羽目を外す 2083腹が据わる 2155腹の虫が治まらない 2178腹も身の内 2119腹に一物 1997歯の抜けたよう 1968歯に衣着せぬ 1823鼻の下が長い 1806鼻に付く 1922鼻を明かす 1953花を持たせる 1938鼻を突く< 1883花も実もある 1860鼻持ちならない 1839花道を飾る 1904花より団子 1983羽を伸ばす 1752鼻で笑う 1770花に嵐 1788鼻に掛ける 1734鼻であしらう 1716鼻っ柱をへし折る 1433八方塞がり 1530鼻息をうかがう 1483鳩が豆鉄砲を食ったよう 1507鼻息が荒い 1698鼻っ柱が強い 1594話上手は聞き上手 1678話を付ける 1552鼻が高い 1407八方美人 1459破天荒 1573話が弾む 1636話に花が咲く 1657話の腰を折る 1615話にならない 1353這っても黒豆 1295八面六臂 1380発破をかける 1205バスに乗り遅れる 1235破竹の勢い 1265蜂の巣をつついたよう 1325ばつが悪い 1112馬耳東風 1144箸にも棒にも掛からない 1175恥の上塗り 913白髪三千丈 1014博覧強記 1080化けの皮がはがれる 981薄氷を踏む 1047薄利多売 947白眉 693白紙に戻す 732白砂青松 654白眼視 616箔が付く 770拍車を掛ける 878伯仲 842拍手喝采 201はかが行く 245場数を踏む 577馬脚を露す 288歯が立たない 537掃き溜めに鶴 331馬鹿とはさみは使いよう 496歯ぎしりをする 371馬鹿に付ける薬はない 414馬鹿の一つ覚え 157歯が浮く 69背水の陣 25敗軍の将は兵を語らず 113這えば立て、立てば歩めの親心