気を取られる

【漢字】気を取られる
【読み】きをとられる
【意味】他のことが気になって注意力が低下する。
【例文】看板に気を取られて事故を起こしそうになった。

気を取られるをテーマにした記事

気を取られて事故のない年末年始を

気を取られる、という言葉があります。
言葉の意味は、注意がなくなってしまうという、まさに言葉通りの内容ではあります。
気を取られて事故を起こしたりする場合もあります。
これから年末年始にかけて、慌ただしくなりますが、くれぐれも気を取られて事故を起こさないようにしなければなりません。
特に高速道路での事故はちょっとした不注意で大きな事故を引き起こしてしまいます。
例えば、高速道路で事故により渋滞をしている時に、前方不注意により、追突を起こしてしまったり、事故見物に気を取られて、自らが不注意により事故を起こすこともあります。
私は毎年の年末年始には、家族で帰省するために車を運転します。
もちろん、高速道路も利用しますが、毎年事故や渋滞が起きるのはだいたい同じ場所です。
また、車間を詰めすぎて運転をするドライバーが意外に多いことも運転していてわかります。
さらに、制限速度を軽々超えて、猛烈なスピードを出すドライバーも相変わらず多いのも事実です。
このようなドライバーが事故の当事者になるんだと思うと、何か対策を考えて欲しいと思っています。
ただ自分の運転にも、他人の危ない運転に気を取られて事故を起こさないようにしなければならないですね。