芽を吹く

【漢字】芽を吹く
【読み】めをふく
【意味】希望が見えてくる。
【例文】商売が芽を吹く。

芽を吹くをテーマにした記事

自分の努力が芽を吹くことを信じて

長年仕事をしていれば、いつかは新人の教育係に任命されることもあるかもしれません。そうしたとき、「どのように教えれば良いのだろう」と悩む人もいると思います。

分かり切っていることですが、新人は『その仕事のことを何も知らない人』です。新卒はもちろんそうですし、中途入社の人でも同様のことが言えます。仮に「以前はプログラマーをやっていたので、この会社でもプログラマーとして充分に活躍できます」と豪語している中途入社の人であれ、『その会社の仕事』はやったことが無いのです。そのため教育係の人は、たとえ新人が新卒でも中途入社の人でも「どのように教えれば相手に理解してもらえるか」をきちんと考えることが必要でしょう。考えることは大変な作業ではありますが、この努力は大事だと思います。

なにせ世の中には、相手が新人であれ中堅であれ「相手に対してどう教えれば良いか」を考えずに仕事を教える人もいます。そうした人から教えられたとしたら、教えられた側はなかなか仕事を覚えられないことでしょう。ですから「どのように教えれば相手に理解してもらえるか」を考えながら教育を行った方が、新人が仕事を覚えるスピードも早くなると言えます。それに「どのように教えれば相手に理解してもらえるか」を考えた方が、新人のためにもなりますし、何より新人が仕事をできるようになるたびに、自分の努力が芽を吹くところを見れるのです。きっと達成感を味わえることでしょう。