目の毒

【漢字】目の毒
【読み】めのどく
【意味】見ない方がいいもの。
【例文】ダイエット中にケーキは目の毒だ。

目の毒をテーマにした記事

世の中には目の毒になるものがいっぱい

現代は自分で見たくなくても目に入ってくるものがたくさんあります。
その中には明らかに目の毒になりそうなものも存在します。

情報化社会になり、簡単にいろいろな情報を入手できるようになりました。
しかし、それと同時に必要のない情報も勝手に入ってくることがあります。

そのため、自分に必要な情報を取捨選択していく必要があります。
しかし、時にはあまりにも不要な情報が多すぎるような気がします。

ある程度分別の付く年齢になれば、自分で必要な情報だけを選択していくことができますが、子どものうちはいろいろなものに影響されやすくなってしまうかもしれません。

その為、中には目の毒だということも良く分からずに、またはそれを知っていてもつい見てしまう可能性もあります。
情報過多の現代では逆に目の保養になるような情報を選び出していく方が難しいかもしれません。

時には怖いもの見たさの興味本位でうっかり見てしまった物が、必要以上に目の毒になってしまうこともあります。
現実社会にがっかりすることを少なくしていくためにも、できるだけ目の毒になるようなものは避けて行きたいものです。

そして、できるだけ目の保養になるようなものを選び、または選ばなくてもそういった物が多くなるような社会になることを期待したいです。