牙を研ぐ

【漢字】牙を研ぐ
【読み】きばをとぐ
【意味】相手を倒そうと待ち構えている様子。
【例文1】証拠を揃えて牙を研ぐ。
【例文2】罠を仕掛けて牙を研ぐ。
【例文3】挟み撃ちで牙を研ぐ。

牙を研ぐをテーマにした記事

爪を研ぐよりもおそろしい「牙を研ぐ」

「牙を研ぐ」という言葉を聞くと、どうしても爪を研ぐという言葉を連想してしまいます。どちらも意味はほぼ同じと考えていいでしょう。
復讐心を持って相手を倒したり陥れたり、傷つけてやろうと用意しながら、相手を待ちかまえるというようなシーンで使われる言葉です。
牙を研ぐのはその牙で相手に噛みつくためであり、爪を研ぐのはその鋭い爪で相手を傷つけるためということになるでしょう。どちらもやられたほうはたまりませんが、やはり、牙の方がよりおそろしいイメージがありますよね。
気になるのが「研ぐ」という動詞。この動詞を一番よく使うのは、「米を研ぐ」ではないでしょうか。お米を水の中ですりあわせるようにして洗うことを、そう表現します。
考えてみると、「牙を研ぐ」は、牙を磨いて鋭くするという意味ですが、米を研ぐのは、別にお米を鋭くするためではありません。
どういうことなのか、調べてみたところ、「研」という漢字には、もともと「石などですりみがく」という意味があるようです。米をすり合わせるようにするところから、米も「研ぐ」という言い方になったのでしょう。
今はほとんど使いませんが、鏡を研ぐという表現もあるようです。これも、鏡を何かでこするようにしてすり合わせ、きれいにしたり艶を出したりするという意味です。
それにしても、自分の知らない所で、誰かがひそかに牙を研いでいるシーンは、ちょっと想像したくありませんね。

「牙を研ぐ」

何か事を成そうとする時、自分の力を発揮する出番が来るまで自分磨きを怠らずにやる様を「牙を研ぐ」と言います。その時が来るまでジッと息を潜め、さにありながらその間を無駄に過ごさず己の鍛錬をする。この場合の「牙」とは人間で言えば使用する道具或いは思考を指します。ここ一番で活躍の機会が訪れても、道具がきちんと機能しなかったり思考が鈍っていては折角のチャンスを潰す事になります。そうならない為に常日頃から自分の頼りにしているものはきちんと手入れする事が肝要なのです。諺で「能ある鷹は爪隠す」とありますが、これですら爪を使う好機になまくらの爪では折角の獲物を逃がす事になってしまいます。賢明な判断の出来る方であればそういうヘマはせず、自分の時間帯になった時存分な働きが出来る様準備をやれる筈です。どれだけ準備をやっていても、いざその時を迎えれると想定外の事態に見舞われる事もあり、思い通りの活躍が出来なかったりするものです。しかしこの準備がどれだけ出来ているか否かで不測の事態に落ち着いていられるかが変わって来ます。準備したという安心感があれば多少慌てる事はあっても、直ぐに立て直しが利くものです。すなわち「牙を研ぐ」とは自身を研ぐ事であり、待ちの時を有効に使える人が成せる人であるのです。

」で始まる言葉一覧

2509.麒麟児  2505.琴線に触れる  2501.金言耳に逆らう  2513.金字塔  2429.軌を一にする  2423.切り口上  2449.気を配る  2469.気を回す  2489.気を許す  2444.気を利かせる  2464.気を吐く  2485.気を揉む  2481.気を持たせる  2493.金科玉条  2405.清水の舞台から飛び降りる  2477.木を見て森を見ず  2473.義を見てせざるは勇なきなり  2417.綺羅星のごとく  2439.気を落とす  2411.虚を衝く  2434.気を失う  2459.気を取り直す  2454.気を取られる  2497.謹厳実直  2316.共存共栄  2267.窮鳥懐に入れば猟師も殺さず  2399.毀誉褒貶  2393.漁夫の利  2284.窮余の一策  2204.九牛の一毛  2308.胸襟を開く  2356.器用貧乏  2339.興に乗る  2331.驚天動地  2222.九死に一生を得る  2221.金の草鞋で探す  2249.窮鼠猫を噛む  2379.玉石混淆(交)  2372.曲学阿世  2258.旧態依然  2386.虚心坦懐  2364.興味津津  2348.京の着倒れ、大阪の食い倒れ  2213.旧交を温める  2240.窮すれば通ず  2276.急転直下  2300.行間を読む  2231.牛耳る  2292.灸を据える  2324.兄弟は他人の始まり  2030.踵を返す  2042.気骨が折れる  2150.肝(胆)をつぶす  2066.木目が細かい  2102.肝(胆)が小さい  2126.気もそぞろ  2162.肝(胆)を冷やす  2185.杞憂  2195.牛飲馬食  2138.肝(胆)に銘じる  2003.牙を研ぐ  2054.きまりが悪い  2090.肝(胆)が据わる  2173.脚光を浴びる  2114.肝(胆)が太い  2016.牙を剥く  1991.気は心  1976.着の身着のまま  1961.昨日の敵は今日の友  1946.木に縁りて魚を求む  1848.気に障る  1915.気になる  1895.木に竹を接ぐ  1931.気に病む  1873.機に乗じる  1816.気に掛ける  1832.気に食わない  1745.木で鼻を括る  1799.気が入る  1727.狐の嫁入り  1709.狐につままれる  1763.喜怒哀楽  1781.軌道に乗る  1448.聞く耳を持たない  1586.喜色満面  1607.疑心暗鬼  1543.起承転結  1628.帰心矢のごとし  1565.机上の空論  1649.機先を制する  1691.狐と狸の化かし合い  1497.起死回生  1520.雉も鳴かずば打(撃)たれまい  1473.機嫌を取る  1670.奇想天外  1422.聞くは一時の恥、聞かぬは一生の恥  1396.危急存亡の秋  1223.危機一髪  1313.聞き捨てならない  1253.奇奇怪怪  1283.聞きしに勝る  1369.聞き耳を立てる  1342.鬼気迫る  1131.気が揉める  1193.木から落ちた猿  1099.気が滅入る  1000.気が回る  1066.気が向く  1033.気が短い  967.気が引ける  933.気が早い  826.気がない  753.気が遠くなる  675.気が付く  714.気が強い  637.気が散る  898.気が抜ける  863.気が長い  790.気が咎める  226.気が置けない  269.気が重い  598.気が小さい  312.気が利く  559.気が立つ  437.気が進まない  477.気が済む  518.気が急く  354.気が気でない  395.機が熟す  182.気が多い  138.気炎を揚げる  7.聞いて極楽見て地獄  94.気宇壮大  50.黄色い声