麒麟児

【漢字】麒麟
【読み】きりんじ
【意味】優れた才能を持ち将来有望視される少年。
【例文】彼は麒麟児だと聞いてはいたが、1ヶ月で作業を一人でこなすとは即戦力になる。

麒麟児をテーマにした記事

麒麟児の意味

麒麟児という言葉は、日本酒の銘柄で知りました。
それ以外にもいろいろなところで使われているようです。

麒麟は架空の動物なのか、某ビールでも見かけます。
その子供なので、やはりただ者ではないのだと思います。

麒麟児は幼少からかなり優れていて、将来が期待される少年のことを指すようです。
普段の会話ではほぼ出てこない言葉です。

このような何かに例えて言うような言葉は意外とあるのかもしれません。
良い意味で使われていても、受け取る側が正しい意味を知らなければ、それは残念な話です。

人が知らないような言葉ばかり並べ立てる人も、会話が成り立たなくなってしまうので困りものです。
しかし、ある程度言葉をたくさん知っていたほうが、会話も深くなっていくと思います。

どういった言葉を使うかで、その人が頭の良い人かそうでない人かが見えてしまうことがあります。
それは単に学歴があるという問題ではないと思います。

話し方はその人の人格というか、人ととなりが外面に現れてくるものだと思います。
できるだけ相手を不快にしないような言葉を使っていきたいものです。

麒麟児のような少年は身近ではあまり見かけませんが、もしいたら今後の活躍に注目していきたいと思っています。