芋づる式

【漢字】芋づる式
【読み】いもづるしき
【意味】関連するものが次々に現れること。
【例文】詐欺グループが芋づる式に捕まった。

芋づる式をテーマにした記事

良い事や悪い事は芋づる式に続く

人生山あり谷ありと言いますが、最近になって私は良い出来事や悪い出来事など、芋づる式に続くという傾向にあります。
先日、応募していたジャンパーが当選して自宅に届き、早速そのジャンパーを着て買い物へ行くと、お店の前でドレッシングと焼肉のタレのサンプルを配布していて、沢山もらいラッキー!と思いました。
帰宅後は、大きなダンボールを宅配便の人が配達に来て、依頼主を見ると実家からでした。箱の中には、色々な野菜やお菓子、飲み物など一杯入っていて今日は良い事が芋づる式に続くなと喜びました。
その逆もあり、以前仕事へ行くため自転車に乗るとパンクしていたので、早歩きで駅まで行くと今度は電車が遅延していて、結局遅刻してしまいました。
そして、お昼になったのでみんなで中華屋の出前を頼むことになり、私は味噌ラーメンの大盛りを注文したところ、頼んだ同僚が間違えたらしく私の分だけ皿うどんになっていました。
皿うどんが食べられない訳ではありませんが、頭は味噌ラーメンになっていたのでショックを感じ、悪い出来事も芋づる式に続くものだなと思いました。
その日は、帰宅時も電車が遅延して中々帰宅できず、正に芋づる式に悪い出来事が起こりましたが、悪い日があるから良い日の嬉しさが増すのかなとプラスに考えています。