気を取り直す

【漢字】気を取り直す
【読み】きをとりなおす
【意味】元気を失くしたけど再び気持ちを前向きに進める。
【例文】さあ後半戦は気を取り直していこう。

気を取り直すをテーマにした記事

資格試験で落ちてしまったら気を取り直すことで合格します

資格を持っていると仕事に有利だといわれたので、本を買って通勤しながら勉強をしていました。しかし肝心な模擬試験になるとぜんぜんわからなくて、合格点には満たなかったのです。このままでは本番の試験でも合格点に達しないことがわかってきたので、気を取り直す覚悟で本気で取り組みました。どの資格でも同じことがいえるのですけど、テキストと過去問題集はセットで購入した方がいいと思います。テキストだけやっていても問題を多く解かないと実際の試験で落ちてしまうことがあります。勉強をしてわかっているつもりでも、問題を解いてみて初めて理解してないことがわかってきます。試験前に一夜漬けでやることもありましたが、いずれも合格することはなかったので、気を取り直してもう一度整理して時間をかけてゆっくり勉強することにしました。通勤でも勉強できなくはないですが、集中できないのでなかなか前に進むことができません。資格で合格ラインに達するには家でゆっくりやった方がいいと思います。試験の一週間ぐらい前になったら休日は一生懸命取り組むようにすると、合格点に達するようになっていきます。試験を受けて落ちてしまったら、どこがいけなかったのかよく反省して気を取り直すことで合格できるレベルになってきます。