目を盗む

【漢字】目を盗む
【読み】めをぬすむ
【意味】人にわからないようにコッソリ行動する。
【例文】親の目を盗んで夜出かける。

目を盗むをテーマにした記事

万引きをする人は人の目を盗む行為を必ずします

テレビのワイドショーやバラエティー番組で、良く万引きGメンの特集をやっています。
この様な番組を見ると、万引きする人が人の目を盗む行為を何度も繰り返している事が分かります。
とあるスーパーに一人のお客さんがやってきました。
その人はお店のかごを持っておらず、お店の中をうろうろとしています。
そしてある所で辺りをきょろきょろと伺い、人の目を盗む行為をして、お店の商品をポケットの中に素早く潜り込ませました。
それで再び、お店の中を再びうろうろとしだしたのです。
またあるところでピタッと止まり、人の目を盗む行為をして、同じようにポケットの中にお店の商品を仕舞ったのです。
この人は何度も人の目を盗む行為を繰り返し、どんどんお店の商品を万引きして行きました。
これとは別の万引き犯は、お店の籠を持って商品を籠の中に入れています。
それでお店の中の人気のない所に行ってから、籠の中の商品をポケットの中にしまいこむのです。
この人も人の目を盗む行為をして、万引きをしたのです。
どちらの人も、最後は万引きGメンに呼び止められ、事務所に連れて行かれて事情を聞かれ、警察を呼ばれてしまいました。
人の目を盗む行為をして万引きをしても、結局最後は捕まると言う事を、この様な番組は教えてくれています。