旧交を温める

【漢字】旧交を温める
【読み】きゅうこうをあたためる
【意味】旧友と久しぶりに会って懇談する。
【例文】10年ぶり同窓会に出席して旧交を温める。

旧交を温めるをテーマにした記事

数年ぶりに会った同期と旧交を温める

先日、数年ぶりに会った同期と旧交を温めることに成功しました。彼女とは同期だったのですが、わりと早く寿退社していったんですよね。その後はお互いあまり連絡も取らなくなり自然消滅していった感じです。そもそも部署も違いましたし、あまり会う機会もありませんでしたから。
しかし、会社から遠く離れたショッピングセンターで再会したのでお互いテンションもすごく上がってしまいました。本当に偶然ですね。そして、私は主人と一緒で向こうも旦那様と一緒。せっかくなので一緒にランチを食べて連絡先を交換し、午後の買い物も一緒に回りました。よくよく話してみると、お互い感性がすごく似ています。一緒にいて楽だし、楽しい感じ。彼女のことをあまり知らなかったので、それがすごくもったいなかったと感じました。
こうして数年ぶりに会った同期と旧交を温めることが出来て、今はSNSのアカウントを交換して主にそちらでやり取りをしています。住んでいるところもわりと近かったので一緒にランチに行くことも。彼女といると気を使わなくて良いので、すごく楽です。向こうも同じように感じているらしく、これもまた不思議なご縁だなと思いました。今度は2夫婦でのお出かけを計画中です。