目を付ける

【漢字】目を付ける
【読み】めをつける
【意味】特別に注目する。非常に関心がある。
【例文1】前から目を付けていたバッグを買う。
【例文2】可愛い子に目を付ける。

目を付けるをテーマにした記事

目を付けたものは逃がさない

目を付けるとは関心をよせることです。
今の時代次から次に新商品が開発され商品もインターネットですぐに取り寄せられることから多くの物に目が付きますよね。

私が住んでいる町の近くの商店街は潰れてはまた新しい店舗が入りの繰り返しです。1ヶ月前も雑貨やさんが新しく店舗に入り、カントリー雑貨が好きでよくネットで購入していたので前から目を付けて仕事が落ち着いたらお店を覗いてみようとしていたら、閉店の看板がありました。近くにできて嬉しかったのでとても楽しみにしていただけに残念でなりませんでした。しかし張り紙をよく見てみると隣町に移転したとのお知らせがあります。これはよかったと思い、場所を確認して休みの日に雑貨やさんに通っています。今目を付けているのはブリキの缶で大・中・小揃えて部屋のインテリアを模様替えしたいので入荷次第お店から連絡を楽しみに待っているところです。
来年、車の買い替えも予定していますので、カタログをいろいろなメーカーから取り寄せてくるま屋さんに車を見に行って下調べをしています。目を付けた車は軽自動車のスライドドアーです。維持費も安く小回りがきくのでダイハツのムーヴカスタムに目を付けました。