天の邪鬼

【漢字】天の邪鬼
【読み】あまのじゃく
【意味】人に逆らうような言動を取る者。
【例文】彼は天の邪鬼なので、わざと反対のことを言ってやった。

天の邪鬼をテーマにした記事

天の邪鬼の所為で人生を損しています

私の子供の頃は、天の邪鬼の典型とも言える性格をしていました。
自分が欲しいと思っているモノを、親が買ってくれると言っても、素直に欲しいと言わずに、いらないと言ってしまっていたのです。
その所為で、欲しいモノをいくつも手に入れ損いました。
そんな時は大分悔しい思いをしていたのですが、天の邪鬼の性格はなかなか治りませんでした。
小学生の時、クラスで友達になっても良いと言うクラスメイトがいました。
その時の私は友達がいなかったので、心の中で大喜びしていたのですが、どうしてもその気持ちを素直に出す事が出来ず、別にいいよと言ってしまったのです。
その言葉でそのクラスメイトは傷付いてしまい、別のクラスメイトと友達になってしまいました。
そして私は、クラスで孤立してしまったのです。
また中学生の時、一人の同級生の女の子から告白されました。
それまで女性に持てず、彼女というモノが出来なかった私ですから、女の子から告白されて嬉しくないはずはありません。
ですがここでも天の邪鬼の性格が邪魔をしてしまい、素直に告白を受け入れる事が出来なかったのです。
折角彼女ができるチャンスが得られたのに、私は天の邪鬼な性格の所為で、それをふいにしてしまいました。
大人になった今では天の邪鬼な性格は治りましたが、子供の頃の天の邪鬼な性格の所為で、大分人生を損してしまっています。