天の邪鬼

【漢字】天の邪鬼
【読み】あまのじゃく
【意味】人に逆らうような言動を取る者。
【例文1】彼は天の邪鬼なので、わざと反対のことを言ってやった。
【例文2】天の邪鬼の性格が損をする。

天の邪鬼をテーマにした記事

天の邪鬼の性格で人生を損しています

私は子どもの頃から素直じゃない天の邪鬼のような性格でした。
そんなですから、損もたくさんしてきました。
小学生の時は、クラスで流行ったアイドルグッズも持ってきたクラスメイトに見る?と聞かれ心の中で嬉しく思っていたのですが、親に買ってもらえず、悔しかったわたしはその子に向かって不要なものは学校に持ってきてはいけないんだよと言い放ちました。どうしてもその気持ちを素直に出す事が出来ず、反感を買ってしまったのです。
その言葉で私は、クラスで孤立してしまいました。
成人してからというもの社会のルールもわかってはいますが、なんとなく素直に従えない私はまたも職場で孤立してしまいます。
そんな時、気になる子から告白されました。天にも昇る気持ちでしたが、そっけない態度をとってしまい、好かれていないみたいだと思われたらしく、避けられるようになりました。
せっかくのチャンスを棒にふるいました。さすがに自分の性格がいやになり、変わらなければという思いでいっぱいです。

瓜子姫と天の邪鬼

ひねくれものを「天の邪鬼」というけれど、出典がよくわからない。
私が知っている天の邪鬼は、『瓜子姫』という昔話に出てくる物真似上手だ。これが猟奇的な話だった。

瓜子姫は瓜から生まれた女の子で、手に障害がある。
嫁入りの日を控えて、瓜子姫は一人で機織りをしていた。天の邪鬼がやってきて、姫を木に吊るしてしまう。
天の邪鬼は、瓜子姫から剥いだ着物をかぶり、機織りをする。
帰ってきた養い親が、機織り小屋にこもった瓜子姫と話をするが、様子がおかしい。天の邪鬼はうまく瓜子姫の物真似をしているけれど、家族にしかわからない違和感がある。
「瓜子姫や、手を扉から出してくれ」と家族が頼むので、天の邪鬼は自分の手を傷つけ、瓜子姫になりすまし続けた。
輿入れの日、木に吊るされた瓜子姫が花嫁行列に見つけられて、天の邪鬼は逃げ出した。

就学前のこどもが読むので、幾分やさしい表現にされている。それでも、天の邪鬼が自分の手指を切るというくだりは、幼心に衝撃を与えた。
バリエーションでは、瓜子姫から剥いだのが、着物ではなく皮というものがある。瓜子姫の死体は食べてしまったり、天の邪鬼が殺される結末もある。
日本では屈指の陰惨な昔話だと思う。あまり有名でないのは、もっともかもしれない。

「あ」で始まる言葉一覧

2562.明日の百より今日の五十  2539.頭を捻る  2466.塩梅  2461.足手まとい  2456.朝飯前  2451.青二才  2446.案の定  2441.暗中模索  2436.案ずるよりも産むが易し  2431.安心立命  2426.暗礁に乗り上げる  2420.泡を食う  2414.合わせる顔がない  2408.蟻の這い出る隙もない  2402.蟻の歩み  2396.蟻の穴から堤も崩れる  2376.雨降って地固まる  2353.網を張る  2336.雨垂れ石を穿つ  2390.嵐の前の静けさ  2383.過ちて改めざる、これを過ちという  2369.飴と鞭  2361.雨が降ろうが槍が降ろうが  2345.天の邪鬼  2329.甘く見る  2321.甘い汁を吸う  2313.油を絞る  2305.油を売る  2297.脂が乗る  2289.虻蜂取らず  2281.危ない橋を渡る  2273.阿鼻叫喚  2264.あばたもえくぼ  2255.穴の開くほど見つめる  2246.穴があったら入りたい  2237.穴が開く  2228.後を引く  2219.跡を絶たない  2210.後は野となれ山となれ  2201.後の祭り  2192.後足で砂をかける  2182.後味が悪い  2170.羹に懲りて膾を吹く  2159.暑さ寒さも彼岸まで  2147.悪口雑言  2135.呆気に取られる  2123.圧巻  2111.あちら立てればこちらが立たぬ  2098.当たるも八卦当たらぬも八卦  2087.当たらずといえども遠からず  2075.新しい酒は新しい革袋に盛れ  2063.頭をもたげる  2051.頭を冷やす  2039.頭を撥ねる  2027.頭を抱える  2020.頭の黒い鼠  2010.頭の上の蠅を追え  1987.頭から湯気を立てる  1972.頭に来る  1957.頭が低い  1942.頭が下がる  1927.頭隠して尻隠さず  1911.頭が切れる  1891.頭が固い  1869.頭が痛い  1844.頭が上がらない  1828.足を向けて寝られない  1811.足を引っ張る  1794.足を運ぶ  1776.足を延ばす  1758.足を取られる  1740.足をすくう  1722.味を占める  1704.足を奪われる  1686.足を洗う  1665.足元(下)を見る  1644.足元(下)にも及ばない  1623.足元(下)に火がつく  1602.足元(下)から鳥が立つ  1581.味も素っ気もない  1560.足の踏み場もない  1538.足に任せる  1515.明日は明日の風が吹く  1492.朝に道を聞かば夕べに死すとも可なり  1468.足が棒になる  1443.足が早(速)い  1417.足が鈍る  1391.足が出る  1364.足が付く  1337.足が地に着かない  1308.足が重い  1278.朝焼けは雨、夕焼けは晴れ  1248.浅い川も深く渡れ  1218.顎を出す  1188.顎で使う  1158.顎が干上がる  1126.顎が落ちる  1094.明けても暮れても  1061.上げ膳据え膳  1028.挙(揚)句の果て  995.揚げ足を取る  962.胡坐をかく  928.悪銭身に付かず  893.悪戦苦闘  858.悪事千里を走る  821.灰汁が抜ける  785.秋の日は釣瓶落とし  748.秋茄子は嫁に食わすな  709.空き樽は音が高い  670.赤の他人  632.赤子の手をひねる  593.青は藍より出でて藍より青し  553.青菜に塩  512.青田買い  471.青筋を立てる  431.青色吐息  389.阿吽の呼吸  349.会うは別れの始め  306.曖昧模糊  263.愛別離苦  220.合いの手を入れる  176.相槌を打つ  132.開いた口が塞がらない  88.愛想を尽かす  44.合縁奇縁  1.ああ言えばこう言う