」カテゴリーアーカイブ

「背に腹はかえられない」とは、差し迫った苦痛を回避するために、ほかのことを犠牲にしてもしかたないという状況を表すことわざ

「背に腹はかえられない」とは、差し迫った苦痛を回避するために、ほかのことを犠牲にしてもしかたないという状況を表すことわざです。

意味:

  • 同じ身体の一部である背中と腹を同時に守ることはできないことから、大切なものを守るためには、多少の犠牲は仕方ないという意味です。
  • 切羽詰まった状況で、優先順位を決め、下位のものは犠牲にしてでも大切なものを守る 覚悟を決めるという意味でも使われます。

使い方:

  • 困難な状況に直面し、苦渋の選択を迫られた時に使うことが多いです。
  • ビジネスシーンでは、リスクを最小限に抑えるために、今この時点で何にプライオリティを置くかという決断を迫られることが少なくありません。

例文:

  • 会社を存続させるためには、人員整理は背に腹はかえられない選択だった。
  • 家計を維持するためには、趣味の時間を削るしかない。
  • 試験勉強に集中するためには、遊びは背に腹はかえられない。

類義語:

  • 泣く泣く
  • やむを得ない
  • 仕方なし
  • 断腸の思い
  • 苦渋の選択

対義語:

  • 理想
  • 完璧
  • 妥協しない
  • 全てを手に入れる
  • 無理のない

補足:

  • 「背に腹はかえられない」 は、日本語の日常会話でよく使われる表現です。
  • 英語では、"needs must" や "between a rock and a hard place" など、状況に合わせて訳語が異なります。

例文:

  • 彼はお金がなくて、食事を満足に食べられない。背に腹はかえられない状況だ。
  • 彼女は病気の家族を介護するために、仕事を辞めなければならなかった。背に腹はかえられない選択だった。
  • 政府は、経済危機を乗り越えるために、苦しい政策を実行する必要がある。背に腹はかえられない状況だ。

「背に腹はかえられない」 は、現実の厳しさ と 選択の難しさ を表すことわざとして、様々な場面で使用されています。

参考URL:
「背に腹は代えられない」はどういう意味? 使い方や類語、言葉の由来を解説 | Oggi.jp

「晴耕雨読」とは、「晴れた日には田畑を耕し、雨の日には家で読書をする」 という意味の四字熟語

「晴耕雨読」とは、「晴れた日には田畑を耕し、雨の日には家で読書をする」 という意味の四字熟語です。

意味

  • 天候に合わせて、無理なくできることに専念すること。
  • 忙しい時とそうでない時のメリハリをつけること。
  • 自然の摂理に従って、悠々自適な生活を送ること。

解釈

この言葉は、古代中国の詩人・陶淵明の詩「桃花源記」に由来します。

この詩の中で、陶淵明は、世俗から離れた桃花源という理想郷を描写しています。

桃花源の人々は、自然の恵みに感謝しながら、日々の生活を営んでいます。

晴耕雨読は、そのような桃花源の人々の生活を表す言葉として使われます。

使い方

晴耕雨読は、以下のような場面で使われます。

  • 仕事や勉強に集中したいとき
  • リラックスして過ごしたいとき
  • 自然の大切さを実感したいとき

例文

  • 今日は晴耕雨読の日だ。
  • 仕事が忙しい時は無理せず、晴耕雨読の生活を送りたい。
  • 田舎で晴耕雨読の生活を送りたい。

類義語

  • 悠々自適
  • 閑居
  • 隠居

対義語

  • 忙しい
  • 慌ただしい
  • ストレス

注意点

晴耕雨読は、必ずしも田舎暮らしを意味する言葉ではありません。

都会に住んでいても、自分のペースで生活を送ることは可能です。

参考URL:
晴耕雨讀|焼酎銘柄|佐多宗二商店

参考例

  • 週末は晴耕雨読の日にして、ゆっくりと過ごしたい。
  • 仕事を辞めて、田舎で晴耕雨読の生活を送りたい。
  • 彼は都会の喧騒を離れて、田舎で晴耕雨読の生活を送っている。

「前代未聞」とは、これまでに一度も聞いたことがないような、非常に珍しい出来事

「前代未聞」とは、これまでに一度も聞いたことがないような、非常に珍しい出来事。

読み方: ぜんだいみもん

意味:

  • これまでに一度も聞いたことがないような、非常に珍しい出来事。
  • 驚くべき事件や珍しい出来事などをいうことば。

語源:

  • 「前代」は現在よりも前の時代。「未聞」は、まだ聞いたことがないという意味。

類義語:

  • 未曾有
  • 空前絶後
  • 空前
  • 奇聞
  • 異聞

対義語:

  • ありふれた
  • よくある
  • 平凡
  • 日常茶飯事
  • 常識

例文:

  • 今回の台風被害は、前代未聞の規模だ。
  • 彼の発明は、前代未聞の画期的なものだった。
  • 彼女の歌声は、前代未聞の美しさだった。

使い方:

  • 「前代未聞」は、非常に珍しい出来事を表現する際に使われます。
  • 文章だけでなく、会話でもよく使われます。

その他:

  • 「前代未聞」は、必ずしもネガティブな意味で使われるわけではありません。
  • 驚くべき素晴らしい出来事にも使われます。

関連表現:

  • 未曾有
  • 空前絶後
  • 空前
  • 奇聞
  • 異聞

参考URL:
前代未聞(ぜんだいみもん)とは? 意味・読み方・使い方 - 四字熟語一覧 - goo辞書

例文:

  • 宇宙旅行は、人類にとって前代未聞の出来事だった。
  • 彼がノーベル賞を受賞したのは、前代未聞の快挙だった。
  • 彼女の演技は、前代未聞の感動を与えた。

その他:

  • 「前代未聞」は、歴史的な出来事や、科学技術の発展など、様々な場面で使われます。
  • 新聞やニュースなどでも、よく見かける表現です。

「関の山」とは、これ以上は望めない限界点という意味の慣用句

「関の山」とは、これ以上は望めない限界点という意味の慣用句。

読み方: せきのやま

意味:

  • これ以上は望めない限界点。
  • 精いっぱい努力しても、せいぜいこれが限界。

語源:

  • 三重県亀山市にある関宿の祭礼で曳き出される山車が非常に豪華絢爛で、これ以上のものはあり得ないというところから。
  • 山車が町内の街道をふさいでしまうため、これ以上通ることができない様子から生まれたという説もある。

例文:

  1. 彼の能力は、せいぜい大学受験が関の山だろう。
  2. 彼女の努力では、第一志望校は関の山だ。
  3. この程度の給料では、生活費を賄うのが関の山だ。

類語:

  • 限界
  • 精いっぱい
  • これ以上は無理
  • ぎりぎり
  • どうにもならない

対義語:

  • 可能
  • 余裕
  • 達成
  • 目標
  • 理想

補足:

「関の山」は、必ずしもネガティブな意味だけでなく、努力の限界を表す場合にも使われます。

参考例:

  • 目標は高いが、関の山まで頑張りたい。
  • 彼は、関の山と言われながらも、諦めずに努力を続けた結果、目標を達成した。

用例:

  • 大学受験は関の山だから、それ以上は望めない。
  • 彼は、努力しても関の山だろうと思っていたが、予想外の結果を出した。
  • 彼女は、関の山と言われながらも、夢を諦めずに挑戦し続けている。

参考URL:
クイズ!限界を表す「関の山」ってどんな山?意外とポジティブな語源を紹介! | 和樂web 美の国ニッポンをもっと知る!

「千里の馬も伯楽に逢わず」は、「どんなに優れた才能を持っていても、それを認めてくれる人がいなければ、その才能は発揮されない」という意味

「千里の馬も伯楽に逢わず」は、「どんなに優れた才能を持っていても、それを認めてくれる人がいなければ、その才能は発揮されない」という意味です。

由来

このことわざは、中国の故事から由来しています。

昔、中国には千里の道を一日で走ることができる馬がいるという言い伝えがありました。しかし、誰もその馬を見たことがありませんでした。

ある日、伯楽と呼ばれる馬の目利きが、その馬を探しに出かけました。そして、ようやくその馬を見つけることができました。

このことわざは、この故事から生まれたと言われています。

使い方

このことわざは、主に以下の場面で使われます。

  • 才能があるのに、なかなかそれを認めてもらえない人に対して、励ましの言葉として使う: 才能は必ず認められるので、諦めずに努力を続けていれば良いことを伝える
  • 自分の才能に自信が持てない人に対して、自信を持たせる言葉として使う: 誰もが才能を持っていることを伝え、自分の才能を信じるように促す
  • 才能のある人を見つけることの重要性を強調したい時: 才能のある人は、どこにでもいることを伝え、積極的に才能を見つける努力をするように促す

例文

  • 「彼は才能があるのに、なかなかそれを認めてもらえない。千里の馬も伯楽に逢わずとはよく言ったものだ。」 (He is talented, but he hasn't been recognized yet. It's true what they say, "Even a thousand-mile horse cannot be recognized without a discerning eye.")
  • 「自分の才能に自信が持てないかもしれない。しかし、千里の馬も伯楽に逢わずとはよく言ったものだ。必ずしも自分の才能がすぐに認められるとは限らない。」 (You may not be confident in your own abilities. But it's true what they say, "Even a thousand-mile horse cannot be recognized without a discerning eye." Your talents may not be recognized immediately.)
  • 「社会全体で、才能のある人を見つけることが重要だ。千里の馬も伯楽に逢わずではいけない。」 (It is important to find talented people in society as a whole. We must not let "even a thousand-mile horse go unrecognized.")

類似のことわざ

  • 「石の上にも三年」 (ishi no ue ni mo sannen): Three years of sitting on a stone (meaning that anything can be achieved with perseverance)
  • 「継続は力なり」 (keizoku wa chikara nari): Persistence is power
  • 「千里の道も一歩から」 (senri no michi mo ippo kara): A thousand-mile journey begins with a single step

まとめ

「千里の馬も伯楽に逢わず」は、才能の重要性と、才能を見つけることの重要性を教えてくれることわざです。

才能は誰にでもありますが、誰もがそれを認めてもらえるわけではありません。

才能を認めてもらえるためには、自分自身で努力するだけでなく、周りに才能を見つけてくれる人がいることも重要です。

このことわざを心に留め、自分自身の才能を信じて、努力を続けましょう。

また、周りに才能のある人がいないか、積極的に探してみましょう。

参考URL:
千里の馬はあれども一人の伯楽は無し(せんりのうまはあれどもひとりのはくらくはなし)とは? 意味や使い方 - コトバンク

「狭き門」とは、厳しい修行や努力を乗り越えて、ようやく到達できるような、困難な道のりを意味する

「狭き門」とは、厳しい修行や努力を乗り越えて、ようやく到達できるような、困難な道のりを意味する言葉です。

  1. キリスト教における、救いに至る道の険しさのたとえ
  • マタイによる福音書7章13節と14節に、「命に至る門は狭く、その道は険しいので、それを見つける者は少ない。」というイエスの言葉が記されています。
  • このことから、「狭き門」は、厳しい修行や努力を乗り越えて、ようやく到達できるような、困難な道のりを意味するようになりました。

例文

  • 天国に入るためには、「狭き門」を通らなければならない。
  • 彼は、成功するために、「狭き門」をくぐり抜けた。
  1. 競争が激しくて、入学や就職などが難しいことのたとえ
  • 現代社会では、大学や企業などへの競争が激化しており、「狭き門」という言葉が、そのような状況を比喩的に表現するためにも使われます。

例文

  • 東大合格は、「狭き門」である。
  • この会社は、毎年多くの応募者があり、「狭き門」だ。

類語

  • 難関
  • 険しい道
  • 試練
  • 苦難
  • 競争

対義語

  • 容易
  • 平坦な道
  • 安易
  • 無競争

「狭き門」の解釈

「狭き門」という言葉は、必ずしもネガティブな意味合いを持つわけではありません。

困難な道のりを乗り越えることで、より大きな喜びや達成感を得られるという意味合いもあります。

参考URL:
狭き門 - Wikipedia

「精神一到何事か成らざらん」とは、強い精神力があれば、どんな困難なことでも成し遂げることができるという意味の故事成語

「精神一到何事か成らざらん」とは、強い精神力があれば、どんな困難なことでも成し遂げることができるという意味の故事成語です。

読み方

  • せいしんいっとうなにごとかならざらん

語源

  • 中国の朱熹の『朱子語類』から

意味

「精神一到」は、精神を集中すること、「何事」は、どんなことでも、「成らざらん」は、できないことはないという意味です。

使い方

「精神一到何事か成らざらん」は、以下のような場面で用いられます。

  • 目標達成に向けて努力している人への励まし
  • 困難な状況に立ち向かう人への応援
  • 自らへの奮起

例文

  • 彼は、精神一到で難関大学に合格した。
  • チーム一丸となって、精神一到で目標を達成しよう。
  • 精神一到、不可能はない。最後まで諦めずに頑張ろう。

類義語

  • 精神一到何事か成らざらん
  • 不撓不屈
  • 持続力
  • 執念
  • 強い意志

対義語

  • 諦め
  • 無気力
  • 無関心
  • 弱音
  • 挫折

英語表現

  • Where there's a will, there's a way.
  • Nothing is impossible if you set your mind to it.
  • With perseverance, all things are possible.
  • Determination can overcome any obstacle.
  • Never give up on your dreams.

注意点

「精神一到何事か成らざらん」は、強い精神力が重要であることを示していますが、努力や計画も必要不可欠です。

補足

「精神一到何事か成らざらん」は、様々な分野で活躍する人々に引用される言葉です。

参考URL:
精神一到何事か成らざらん(せいしんいっとうなにごとかならざらん)とは? 意味や使い方 - コトバンク

「栴檀は双(二)葉より芳し」とは、白檀は双葉の頃から香りを放つように、将来大成する人は幼い頃から優れた才能を発揮する例え

「栴檀は双(二)葉より芳し」とは、白檀は双葉の頃から香りを放つように、将来大成する人は幼い頃から優れた才能を発揮する例え。

意味:

  • 白檀は双葉の頃から香りを放つように、将来大成する人は幼い頃から優れた才能を発揮する例え。
  • 幼少期から非凡な才能や素質を示す人のことを指す。

由来:

  • 中国の晋代の詩人、陶淵明の「桃花源記」の一節「仲氏曰:“後世之人,亦将传其事。 ” 遂与外人间隔。 」から。
  • これは、「白檀は双葉の頃から香りを放ち、賢者は幼い頃から非凡な才能を示す」という意味です。

使い方:

  • 幼い頃から才能を発揮する子供のことを形容する際に使う。
  • 転じて、将来有望な人物を称える言葉としても使われる。

例文:

  • 彼/彼女は、まさに栴檀は双葉より芳しという言葉通り、幼い頃から非凡な才能を発揮していた。
  • 彼女は、幼い頃から絵が上手で、将来は画家になるだろうと周囲から期待されている。
  • 彼/彼女は、栴檀は双葉より芳しの例えのように、幼い頃から頭角を現していた。

類義語:

  • 早熟
  • 英才教育
  • 天才
  • 神童
  • 秀才

対義語:

*晩成

  • 鈍才
  • 凡人
  • 無能
  • 平凡

参考URL:
〝栴檀は双葉より芳し〟の読み方とは?由来や正しい使い方を解説 | Domani

補足:

  • 「栴檀は双葉より芳し」は、中国の古典文学から生まれた表現ですが、日本でも古くから使われており、ことわざや四字熟語として広く知られています。
  • 近年では、教育や子育てに関する場面でも、この表現がよく使われています。

例文:

  • 幼い頃から音楽に才能を発揮していた彼は、将来は有名な音楽家になるかもしれない。
  • 彼女は、幼い頃から数学が得意で、将来は科学者になることを夢見ている。
  • 彼/彼女は、栴檀は双葉より芳しの言葉を地で行くような、将来有望な人物である。

注意:

  • 「栴檀」は本来「白檀」を指しますが、日本では「栴檀」と表記されることもあります。
  • 「双葉」は「二葉」とも表記されます。

「赤貧洗うがごとし」とは、非常に貧しくて、何も持ち物がない様子を表す慣用句

「赤貧洗うがごとし」とは、非常に貧しくて、何も持ち物がない様子を表す慣用句です。

由来

「赤貧」は、真っ赤に燃えるような極貧を表し、「洗うがごとし」は、洗い流したように何も残っていない様子を表します。

使い方

「赤貧洗うがごとし」は、以下のような状況で使われます。

  • 非常に貧しい人
  • 家財道具など何も持っていない人
  • 路頭に迷う人

例文

  • 彼一家は、火事で家を失い、赤貧洗うがごとしとなった。
  • 彼女は、借金取りから逃げて、赤貧洗うがごとしの生活を送っていた。
  • 彼らは、戦争で全てを失い、赤貧洗うがごとしの状態だった。

類義語

  • 一文無し
  • 無一文
  • 貧乏
  • 困窮
  • 窮迫
  • 困苦
  • 飢寒
  • 窮乏
  • 貧困

対義語

  • 富裕
  • 裕福
  • 金持ち
  • 長者
  • 大金持ち
  • 成金
  • 富豪
  • 財閥
  • 富裕層

補足

「赤貧洗うがごとし」は、非常に強い表現であり、深刻な貧困状態 を表すときに使われます。

現代社会でも、貧困問題 は多くの人にとって身近な問題であり、 この慣用句 は、そのような問題を考えるきっかけを与えてくれます。

参考URL:
赤貧洗うが如し(せきひんあらうがごとし)とは? 意味や使い方 - コトバンク

「青雲の志」とは、高位高官の座につきたいと願うこころざし

「青雲の志」とは、以下のような意味を持つ四字熟語です。

意味:

  1. 高位高官の座につきたいと願うこころざし。 立身出世をなしとげたいと思う心。
  2. 俗世間から超越して徳をみがき、高潔な人物になりたいという望みのこと。

由来:

  • 中国の唐代の詩人、王勃の「滕王閣序」の一節「窮巷箪瓢屡空、而談笑自若;登高望遠,則襟懐而舒暢。」から。
  • 青雲は、青空を流れる雲のこと。 転じて、地位の高いこと。

類義語:

  • 立身出世、功名心、大志、高邁な理想、凌雲の志

対義語:

  • 無気力、無 ambition

例文:

  • 彼は青雲の志を抱いて、東京大学に進学した。
  • 彼女は青雲の志を捨て、地元で教師になることを決意した。

補足:

  • 青雲の志は、古くから多くの人に用いられてきた四字熟語です。
  • このことわざは、目標に向かって努力することの大切さを教えてくれます。
  • 青雲の志を持つ人は、周りの人にも良い影響を与えてくれます。

参考URL:
青雲之志 | スピーチに役立つ四字熟語辞典 | 情報・知識&オピニオン imidas - イミダス