血祭りに上げる

【漢字】血祭りに上げる
【読み】ちまつりにあげる
【意味】相手をひどく打ちのめす。
【例文1】全員血祭りに上げてやる。
【例文2】言い逃れできないよう血祭りに上げる。
【例文3】いじめた奴らを血祭りに上げる。

血祭りに上げるをテーマにした記事

血祭りに上げることが普通の社会にはなってほしくない

血祭りに上げるとは、戦いにおいて初めに敵を殺して指揮を上げるなどの意味があるそうです。正直言って恐ろしいですね。
しかし世界の歴史を見てみると、そうしたことが当たり前に行われた時代が残念ですが存在するのも事実です。宗教や風習によって行われたり、戦争の見せしめによってまさに祭りのように実施されたり、想像するだけでゾッとします。
もっとゾッとすることは、現代でも血祭りに上げることは実は行われているのではないかと思うのです。表面的な暴力でなく、精神的に攻撃して追い詰めていく手段に変化しているのではないでしょうか。
例えばブラック企業なんかがその例で、社員を鼓舞するために見せしめで一人の社員を攻撃する(パワハラ)が存在します。また、引きこもりやニートといった方たちを社会不適合者として排除しようとする方もいますから、どんなに歴史を積み重ねても、過去に血祭りが当たり前の時代と本質が変わらないのではないでしょうか。
もちろん過去よりも平和な世界になったと思いますし、皆が暴力を簡単に使う人間ばかりではありません。ですが、私は時々凶悪事件のニュースや、肉体的以外にも精神的に追い詰めてくる方に遭遇すると、恐怖でいっぱいになってしまいますね。

」で始まる言葉一覧

2189.腸がちぎれる  2072.長者の万灯より貧者の一灯  1879.茶番  1855.知音  1403.血沸き肉躍る  1455.沈黙は金、雄弁は銀  1429.沈思黙考  1376.塵も積もれば山となる  1230.提灯を持つ  1320.直情径行  1260.蝶よ花よ  1290.朝令暮改  1349.猪突猛進  1106.帳尻を合わせる  1138.長蛇の列  1170.丁丁(打打)発止  1200.提灯に釣り鐘  1073.長所は短所  1040.朝三暮四  1007.昼夜兼行  974.注文を付ける  906.茶々を入れる  940.忠言耳に逆らう  799.血眼になる  685.地の利を得る  724.血は水よりも濃い  608.血の気が多い  835.血道を上げる  647.血のにじむよう  763.血祭りに上げる  364.父の恩は山よりも高く、母の恩は海よりも深し  487.地に落ちる  279.力を落とす  322.竹馬の友  236.力に余る  569.血の気が失せる  447.血となり肉となる  528.血の雨を降らす  405.血で血を洗う  192.血が上る  60.知恵を付ける  148.血が騒ぐ  16.知恵を絞る  104.血が通う