」カテゴリーアーカイブ

「切磋琢磨」とは、学問や技芸などを互いに励まし合い、競い合うことによって、共に向上すること。

「切磋琢磨」とは、学問や技芸などを互いに励まし合い、競い合うことによって、共に向上すること。

意味:

  • 学問や技芸などを互いに励まし合い、競い合うことによって、共に向上すること。
  • 石や玉を磨くように、学問や道徳を磨き上げること。

読み方: せっさたくま

語源:

  • 中国の古典「詩経」から。

類義語:

  • 励学
  • 研鑽
  • 精励
  • 努力
  • 研磨
  • 向上心
  • 進歩
  • 発展

対義語:

  • 怠惰
  • 無気力
  • 停滞
  • 退歩
  • 堕落

例文:

  • 仲間と切磋琢磨することで、技術が向上する。
  • 切磋琢磨して、自分の能力を高める。
  • 彼らは、互いに切磋琢磨し、優秀な人材へと成長した。

補足:

  • このことわざは、個人や集団が向上するためには、互いに励まし合い、競い合うことが重要であることを教えてくれます。
  • 競争だけでなく、協力し合うことも大切です。
  • 互いに学び合い、高め合うことで、より良い結果を生み出すことができます。

参考:

  • 切磋琢磨 - goo辞書: [無効な URL を削除しました]
  • 切磋琢磨 - コトバンク: [無効な URL を削除しました]

その他:

何かご不明な点があれば、お気軽にご質問ください。

参考URL:
切磋琢磨(せっさたくま)とは? 意味・読み方・使い方 - 四字熟語一覧 - goo辞書

千載一遇とは、千年に一度しか巡り合わないような、滅多にない素晴らしい機会という意味の四字熟語

千載一遇とは、千年に一度しか巡り合わないような、滅多にない素晴らしい機会という意味の四字熟語です。

意味

  • 千年に一度しか巡り合わないような、滅多にない素晴らしい機会。
  • 二度とないチャンス。
  • 絶好の機会。

由来

  • 晋の袁宏(えんこう)の「三国名臣序賛」に「千載一遇、賢聖之嘉会、遇之不欣能無欣」とある。
  • 千年に一度出会うような賢人たちの集まりは、喜ばしい限りという意味。

使い方

  • このプロジェクトは、千載一遇のチャンスだ。
  • 彼は、千載一遇のチャンスを逃さなかった。
  • 千載一遇のチャンスをものにできるかどうかは、あなた次第だ。

例文:

  • 新しいビジネスを始めるには、千載一遇のチャンスだ。
  • 彼は、留学という千載一遇のチャンスを掴み、夢を実現した。
  • 試験に合格することは、千載一遇のチャンスだ。

類義語:

  • 絶好の機会
  • 二度とないチャンス
  • 金字塔を打ち立てる
  • 歴史的瞬間
  • 空前のチャンス

対義語:

  • よくあること
  • いつでもできる
  • 珍しくない
  • ありふれた
  • 平凡

補足:

  • 千載一遇は、日常会話でもよく使われる表現です。
  • 仕事や勉強、プライベートなど、様々な場面で使うことができます。

参考URL:
千載一遇(せんざいいちぐう)とは? 意味・読み方・使い方 - 四字熟語一覧 - goo辞書

「急いては事を仕損じる」とは、慌てて物事を進めると、かえって失敗してしまうという意味のことわざ

「急いては事を仕損じる」とは、慌てて物事を進めると、かえって失敗してしまうという意味のことわざです。

意味

このことわざは、冷静さを失って行動すると、ミスをしたり、思慮が浅い判断をしてしまったりする可能性が高いことを示しています。

類義語

  • 慌て者は損をする
  • 静思熟考
  • 慎重
  • 焦りは禁物

使い方

  • 仕事で重要なプレゼンを控えているとき、「急いては事を仕損じる」という言葉を思い出して、焦らずに準備を進める。
  • 試験勉強で焦って詰め込み学習をすると、かえって記憶が定着しにくくなるので、「急いては事を仕損じる」という言葉を意識して、計画的に学習を進める。
  • 旅行の計画を立てるとき、慌てて決めてしまうと、後から後悔することがあるので、「急いては事を仕損じる」という言葉を念頭に置き、時間をかけて慎重に計画を立てる。

現代社会への relevance

現代社会は、スピードが重視される傾向があります。しかし、「急いては事を仕損じる」という言葉を忘れずに、物事を慎重に進めることが大切です。

参考URL:
急いては事を仕損ずる | 会話で使えることわざ辞典 | 情報・知識&オピニオン imidas - イミダス

「千変万化」とは、様々な変化が次々と起こること

「千変万化」とは、様々な変化が次々と起こること。

読み方: せんぺんばんか

意味:

  • 様々な変化が次々と起こること。
  • 局面や状況などが目まぐるしく変化すること。

語源:

  • 中国の古典「老子」にある「道は常に変化し、止まることはない」という思想から。

類義語:

  • 移り変わりが激しい
  • 目まぐるしく変化する
  • 変化に富む
  • 多様な
  • 様々な

対義語:

  • 不変
  • 恒常
  • 安定
  • 一定
  • 停滞

例文:

  • 現代社会は、千変万化の時代である。
  • ファッションは、千変万化していく。

*補足:

  • 千変万化は、変化の速度や頻度が非常に速いことを強調する表現です。

参考URL:
千変万化(せんぺんばんか)とは? 意味・読み方・使い方 - 四字熟語一覧 - goo辞書

「切歯扼腕(せっしやくわん)」とは、非常に悔しく残念で、歯ぎしりをして腕を握りしめたくなるような気持ちになること

「切歯扼腕(せっしやくわん)」とは、非常に悔しく残念で、歯ぎしりをして腕を握りしめたくなるような気持ちになること。

意味:

  • 非常に悔しく残念で、歯ぎしりをして腕を握りしめたくなるような気持ちになる。
  • 非常に憤慨する。

読み方: せっしやくわん

類義語:

  • 咬牙切歯
  • 扼腕
  • 憤慨
  • 慨嘆
  • 痛恨

例文:

  • 試験に落ちて、切歯扼腕の思いだった。
  • 約束を破られたので、切歯扼腕した。

補足:

  • この言葉は、中国の古典『史記』に由来すると言われています。
  • 現代では、様々な場面でこの言葉が使われています。

参考URL:
切歯扼腕(せっしやくわん)とは? 意味・読み方・使い方 - 四字熟語一覧 - goo辞書

「千差万別」とは、日本語の四字熟語で、さまざまな種類や様子があり、一つとして同じものがないという意味

「千差万別」とは、日本語の四字熟語で、さまざまな種類や様子があり、一つとして同じものがないという意味です。

類義語

  • 多種多様
  • 五彩繽紛
  • 千変万化
  • 雑多
  • 様々
  • 各色
  • 色々

対義語

  • 一様
  • 単調
  • 画一
  • 同じ
  • 均一
  • 類型
  • 同型

例文

  • 人の性格は千差万別で、同じ人は一人もいない。
  • ファッションの流行は千差万別で、時代によって大きく変化する。
  • 動物の鳴き声は千差万別で、それぞれ個性がある。

使い方

「千差万別」は、以下のように使われます。

  • 子供たちの夢は千差万別で、将来何になりたいかは人それぞれだ。
  • 世界中の料理は千差万別で、それぞれの文化を味わうことができる。
  • 自然の風景は千差万別で、山や海、川など、それぞれ違った美しさがある。

参考URL:
千差万別(せんさばんべつ)とは? 意味・読み方・使い方 - 四字熟語一覧 - goo辞書

その他

「千差万別」は、さまざまなものがあることを強調したいときに使う表現です。

例文

  • 人の才能は千差万別で、それぞれが異なる能力を持っている。
  • 個人の価値観は千差万別で、すべての人が同じ考えを持っているわけではない。
  • 地球上の生物は千差万別で、それぞれが独自の生態を持っている。

「青天の霹靂」とは、思いがけない大変な出来事が起こること

「青天の霹靂」とは、晴天に突然雷が落ちるように、思いがけない大変な出来事が起こること。

読み方: せいてんのへきれき

意味:

晴天に突然雷が落ちるように、思いがけない大変な出来事が起こること。

語源:

中国南宋時代の詩人・陸游の詩「九月四日雞未鳴起作」にある「青天霹靂」から。

類義語:

  • 晴天霹靂
  • 突如として
  • 突然
  • 不意
  • 予想外

対義語:

  • 予想通り
  • 当然
  • 予定
  • 計画

例文:

  • 会社が倒産するという青天の霹靂に襲われた。
  • 突然の病気は青天の霹靂だった。
  • 彼の死は、家族にとって青天の霹靂だった。

補足:

「青天の霹靂」は、非常に強い印象を与える表現です。 思いがけない出来事が起こったときの驚きやショックを表すときに用いられます。

参考URL:
青天の霹靂 - Wikipedia

「前門の虎、後門の狼」とは、一つの災難から逃れても、別の災難がすぐに現れること

「前門の虎、後門の狼」とは、一つの災難から逃れても、別の災難がすぐに現れること。

読み方: ぜんもんのとら、こうもんのおおかみ

意味:

  • 一つの災難から逃れても、別の災難がすぐに現れること。
  • 困難な状況から抜け出しても、さらに別の困難が待ち受けていること。
  • どんな状況でも安心できないこと。

語源:

  • 中国の故事から。
  • 前門から虎が、後門から狼が迫ってくるという状況を表す。

類義語:

  • 虎口脱して狼穴に陥る
  • 窮地に陥る
  • 板挟み
  • 八方塞がり
  • 進退窮まる

対義語:

  • 安泰
  • 平穏
  • 無難
  • 順風満帆
  • 安穏

例文:

  • 会社をリストラされたら、今度は病気になった。まさに前門の虎、後門の狼だ。
  • 戦争が終わっても、復興への道のりは険しく、前門の虎、後門の狼の状態だった。

補足:

  • 前門の虎、後門の狼という言葉は、人生の困難や試練を表す言葉として使われます。
  • また、現代社会の複雑さや不安定さを表す言葉としても使われます。

参考URL:
前門の虎、後門の狼(ぜんもんのとら、こうもんのおおかみ)とは? 意味や使い方 - コトバンク

「絶体絶命」とは、危険や困難からどうしても逃れることのできない状況

「絶体絶命」とは、危険や困難からどうしても逃れることのできない状況。

意味:

  • 危険や困難からどうしても逃れることのできない状況。
  • 九星占いで凶星の名前。

読み方: ぜったいぜつめい

類義語:

  • 万事休す
  • 袋の鼠
  • 一巻の終わり
  • 窮地
  • 危機一髪

例文:

  • 山登りで遭難し、絶体絶命の状況に陥った。
  • 会社が倒産し、彼は絶体絶命のピンチに立たされた。
  • テロリストに人質に取られ、絶体絶命の状況となった。

参考URL:
絶体絶命 - Wikipedia

「前車の轍を踏む」とは、前の人が失敗したと同じ失敗を繰り返すことを意味する慣用句

「前車の轍を踏む」とは、前の人が失敗したと同じ失敗を繰り返すことを意味する慣用句です。

由来

この慣用句は、昔の馬車が通った後に残る轍(わだち)に由来しています。馬車は轍に沿って進むため、前の馬車が同じ轍を通ると、後の馬車も同じ轍を踏むことになります。

使い方

「前車の轍を踏む」は、以下のような場面で使われます。

  • 過去に失敗した例があるにもかかわらず、同じ失敗を繰り返してしまう人に対して
  • 過去の失敗から教訓を学び、同じ失敗を繰り返さないように注意する必要がある場合

例文

  • 新しいプロジェクトを始める前に、過去の失敗から学び、「前車の轍を踏まない」ように注意しよう。
  • 彼は、前々回の失敗から何も学んでいないようで、また同じ「前車の轍を踏んでしまった」ようだ。

類義語

  • 後車の戒め
  • 二の舞を踏む
  • 覆轍を踏む

対義語

  • 過去の失敗から学ぶ
  • 教訓を得る
  • 前例を踏まえる

補足

「前車の轍を踏む」は、過去の失敗から学び、同じ失敗を繰り返さないように注意することが重要であることを教えてくれる慣用句です。

参考URL:
前車の轍を踏む | 会話で使えることわざ辞典 | 情報・知識&オピニオン imidas - イミダス