叩けばほこりが出る

【漢字】叩けばほこりが出る
【読み】たたけばほこりがでる
【意味】細かく調べたり、追いつめれば悪事が次々と出てくる。
【例文1】叩けばほこりがまだまだ出ると犯人を問い詰める。
【例文2】叩けばほこりが出ると余罪を調べる。
【例文3】初犯ではないはずだ。叩けばほこりが出る。

叩けばほこりが出るをテーマにした記事

「叩けばほこりが出る」とは秀吉と千利休の逸話

「叩けばほこりが出る」とは「穿鑿(せんさく)すれば何かしら欠点や弱みが見つかる」という意味です。これで思い出される逸話は、豊臣秀吉千利休の対立です。千利休はもとは堺の魚やの息子でしたが、16歳の時から作法を身に着けるためにお茶を学び始めます。そして作法を教えるためのものでしかなかったお茶を茶道にまで作り上げた人です。千利休豊臣秀吉は茶道を通して、良い関係を長年にわたり築いてきました。秀吉の弟の秀長との懇ろになり、秀吉政権の表を秀長が、裏を千利休が回しているという時代もありました。ところが、秀長が亡くなり後ろ盾がいなくなると、千利休の立場が微妙になります。生まれ育った堺の土地の利益を守るために、ある程度の自治を認めて欲しい千利休と、利という利はすべて自分のものにしたい秀吉が対立したのも仕方がないことだったかもしれません。利休が京都大徳寺の山門を私費で修復した際に、門の上に木像の利休像を置いたことが罪に問われ(利休の寄付の御礼に大徳寺側が勝手に置いたのですが)、秀吉もくぐる山門の上から自分を見下ろすとは無礼極まりないというのが理由でしたが、千利休は自分の非でないことを謝るのは茶道をも否定することだと、勝手に堺に帰ってしまいます。激怒した秀吉は利休に切腹させてしまいます。「叩けばほこりが出る」というのはまさにこういうことなのでしょう。千利休は気の毒な生涯を閉じました。

」で始まる言葉一覧

2092.暖を取る  2045.啖呵を切る  2069.断腸の思い  2141.大根役者  2105.端を発する  2129.醍醐味  2165.第六感  2006.便りのないのは良い便り  2057.短気は損気  2078.大魚は小池に棲まず  2033.他力本願  2081.単刀直入  2153.大団円  2176.断末魔  2117.大黒柱  2019.たらい回し  1994.袂を分かつ  1980.駄目を押す  1965.矯めつ眇めつ  1950.玉磨かざれば光なし  1919.玉に瑕  1900.旅は道連れ世は情け  1803.種を明かす  1935.玉の輿に乗る  1878.旅の恥はかき捨て  1820.種をまく  1854.束になって掛かる  1836.頼みの綱  1749.他人の空似  1767.他人の飯を食う  1785.狸寝入り  1731.他人行儀  1713.棚に上げる  1548.立て板に水  1590.盾(楯)に取る  1526.手綱を締める  1569.蓼食う虫も好き好き  1503.立つ鳥跡を濁さず  1695.棚からぼた餅  1674.盾(楯)を突く  1479.脱兎のごとく  1402.太刀打ちできない  1454.立っている者は親でも使え  1632.縦の物を横にもしない  1428.立つ瀬がない  1653.立てば芍薬座れば牡丹歩く姿は百合の花  1611.伊達の薄着  1375.駄々をこねる  1229.蛇足  1319.畳の上の水練  1259.叩けばほこりが出る  1289.叩けよ、さらば開かれん  1348.ただより高いものはない  1105.他山の石  1137.多事多難  1169.出しに使う  1199.多勢に無勢  1072.竹を割ったよう  1039.多芸は無芸  1006.多岐亡羊  973.高を括る  905.高みの見物  939.宝の持ち腐れ  798.絶対絶命  684.高が知れる  723.たがが緩む  607.大の虫を生かして小の虫を殺す  870.高飛車に出る  834.高嶺(根)の花  646.大は小を兼ねる  762.高く買う  363.大事の前の小事  486.大胆不敵  278.太鼓判を捺す  321.大山鳴動して鼠一匹  235.太公望  568.大なり小なり  446.泰然自若  527.大同小異  404.大事を取る  191.大言壮語  59.対岸の火事  147.大義名分  15.大願成就  103.大器晩成