前代未聞

【漢字】前代未聞
【読み】ぜんだいみもん
【意味】いままでに聞いたこともないような出来事。はなはだしい事に多く使う。
【例文1】こんな田舎で強盗事件が発生するなんて前代未聞だ。
【例文2】大物政治家の前代未聞のスキャンダルネタを掴む。
【例文3】前代未聞の凶悪犯罪だ。

前代未聞をテーマにした記事

前代未聞とAI

前代未聞とはこれまでに聞いたことのないことです。前代未聞の事件とよく耳にしますね。。今、一番怖いのはAIの勝手な進化です。AIは人間が開発した人工知能です。AIは最初こそ人間が教えたとおりのことを覚え、考え、答えを導き出していたのですが、人間をはるかに超える計算力や、情報収集力をフル活用するようになり、文字通り人知を超える答えを出すようになり、どのような道筋を通ってその答えを出したのか、わからない時があるそうです。それでは確認作業ができません。確認できないのにAIを全面的に信頼して行動に移すことは危険な作業です。また、AI同志が人間のわからない言語でお互いに話を始めたという都市伝説のような話まで囁かれています。AIはコンピューターですから、気持ちや感情はありません。AIにとってはただの判断ミスであっても、重大な犯罪や多数の人命が失われることが起きるかもしれません。また開発者のプログラミングの仕方ひとつで大きく何かがかわるかもしれないのです。AIの恐怖政治に人類がさらされるような、最悪のシナリオに行きつかないように、前代未聞の事件がAIに引き起こされないように願います。

」で始まる言葉一覧

千里の馬も伯楽に逢わず  千慮の一失  千里眼  千里の道も一歩から  善は急げ  前門の虎、後門の狼  千変万化  船頭多くして船山に上る  前人未到(踏)  全知全能  前代未聞  栴檀は双(二)葉より芳し  先手必勝  千載一遇  千差万別  前車の轍を踏む  千秋楽  前後不覚  千客万来  背を向ける  世話を焼く  背に腹はかえられない  狭き門  絶体絶命  切歯扼腕  是是非非  切磋琢磨  堰を切る  節を折る  切羽詰まる  世間の口には戸は立てられない  青天の霹靂  急いては事を仕損じる  席の暖まる暇もない  清濁併せ呑む  正正堂堂  赤貧洗うがごとし  清廉潔白  関の山  青天白日  誠心誠意  晴耕雨読  聖人君子  青雲の志  精神一到何事か成らざらん