毒を以て毒を制す

【漢字】毒を以て毒を制す
【読み】どくをもってどくをせいす
【意味】悪事を排除するのに悪事を利用する。
【例文1】万引き犯を捕まえるには、おとりになり毒を以て毒を制す。
【例文2】裏サイトのユーザーになりすまして毒を以て毒を制す。
【例文3】詐欺に引っ掛かったふりして毒を以て毒を制す。

毒を以て毒を制すをテーマにした記事

さまざまな毒を以て毒を制す事例

毒を以て毒を制すとの意味は悪を取り除く為には、他の悪を利用して排除するという意味で、人間社会において考えるとこの考えは非常に危険に感じます。
以前、1970年代の人気劇画の「愛と誠」という連載漫画を思い出しました。
不良の少年太賀誠と美しく清純なお嬢様の早乙女愛との複雑なラブストーリーだったのですが、
物語の内容は長くなりますので、それはさておき、この言葉で思い出されたのは漫画も後半に入り、お嬢様学校から不良グループの塊の高校へ転校した早乙女愛は、
ある日、その悪の高校の校長が、不良グループを排除する為には、手段を選ばずに早乙女愛に「毒を以て毒を制す」と意見をし、
きれい事ばかりでは物事は解決しないと教育者らしくない発言ながら、現実とはそういう物だと言い切った場面がありました。
しかしながら、早乙女愛はその意見に真っ向から反対し、「毒を制するには毒ではありません、あくまでもきれいな心です」と校長にむかって意見したのですが、
校長は真っすぐな早乙女愛の気持ちは理解しながらも、「きれいな気持ちだけでは・・」とやはり現実は甘くないと肯定は出来ませんでした。
この言葉を現代社会に置き換えて考えてみても、例えば北朝鮮核兵器に対し、核兵器で対抗するしか方法がない、いや、きれいな心とは言わずとも、
あくまでも対話で、人類が滅亡するような方法は考えてはいけません。とセリフがダブっているように感じてなりません。
その反対に化学的に考えると、予防接種などは、その病原菌となる物を身体に少量ながらでも入れ込み、抗体を作り、
病気から守るという意味では、非常に納得する言葉ともなります。
でも、人間社会での制裁の意味では本当に怖い言葉だと思います。

毒を以て毒を制すとは

毒を以て毒を制すとは、悪を除くために別の悪を利用することを言います。毒に当たった病人の治療で、別の毒を用いて解毒することから、悪を滅ぼすために別の悪を利用することを言うようになりました。この言葉の出典は宋代の禅書「嘉泰普灯録」の中に「機を以て機を奪い、毒を以て毒を制す」とあることに基づきます。
例えば、病気を治すのに、その病原菌(毒)に対応するような菌(毒)を用いて治療に当たるというような事です。これは、実際の治療にも使われている方法です。
また、悪人を排除するために別の悪人を使うというようなこともあります。これは、江戸時代には多く行われていたようです。江戸時代、町を仕切っていたやくざなどは良い例でしょう。彼ら自体も決して善人と言える人たちではありません。しかし、彼らがいることで、他の悪人達がはびこることができなかったのです。これなどは、毒を以て毒を制していたのでしょう。
悪とは全てにおいて悪いと言うことではありません。どこかでうまく利用できるなら、更に大きな悪を排除できるのです。もちろん、それによって一般の人たちに不利益が発生してはいけませんから、悪を使う場合は十分な注意が必要です。トリカブトなどは毒薬ですが、使い方によっては薬にもなります。まさに毒を以て毒を制しているのです。

」で始まる言葉一覧

2181.泥鱒の地団駄 2021.泥仕(試)合 2008.とんぼ返り 1996.丼勘定 1967.鳶が鷹を生む 1822.泥棒に追い銭 1805.取るものも取り敢えず 1921.度を失う 1952.飛んで火に入る夏の虫 1937.どんぐりの背比べ 1881.泥を被る 1857.泥棒を捕らえて縄をなう 1902.泥を吐く 1982.鳶に油揚げをさらわれる 1751.鳥なき里のこうもり 1769.鳥肌が立つ 1787.取るに足りない 1733.取り付く島もない 1715.虎を野に放つ 1550.途方に暮れる 1431.突拍子もない 1528.飛ぶ鳥を落とす勢い 1481.隣の花は赤い 1505.怒髪天を衝く 1697.虎は死して皮を留め、人は死して名を残す 1592.取らぬ狸の皮算用 1676.虎の巻 1405.毒気を抜かれる 1457.とどのつまり 1571.朋有り遠方より来る 1634.虎の尾を踏む 1655.虎の子 1613.虎の威を借る狐 1351.塗炭の苦しみ 1292.年には勝てない 1378.土壇場 1202.どこ吹く風 1232.所変われば品変わる 1262.年甲斐もなく 1322.年寄りの冷や水 1108.毒を食らわば皿まで 1140.毒を以て毒を制す 1172.どこの馬の骨 1076.独立独歩 1010.独断専行 1043.毒にも薬にもならない 943.読書百遍意自ずから通ず 977.独壇場 909.時を稼ぐ 1086.胸がすく 802.十で神童十五で才子二十歳過ぎればただの人 688.蟷螂の斧 727.遠い親戚より近くの他人 611.桃李もの言わざれども下自ずから蹊を成す 838.時は金なり 650.登竜門 766.遠くて近きは男女の仲 874.度肝(胆)を抜く 367.灯台下暗し 490.同病相憐れむ 325.同床異夢 572.東奔西走 282.同工異曲 239.桃源郷 531.豆腐にかすがい 450.堂に入る 408.堂々巡り 151.薹が立つ 63.頭角を現す 19.当意即妙 107.灯火親しむべし