手が空く

【漢字】手が空く
【読み】てがあく
【意味】作業が一段落して時間ができること。
【例文1】手が空いたのなら次はこの横断幕の色塗りを手伝ってくれ。
【例文2】手が空いたうちに昼食を取っておく。
【例文3】お昼のピークを過ぎ手が空く。

手が空くをテーマにした記事

「手が空く」の手

「手が空く」とは「仕事が暇になること」です。「手が空けば口が開く」ということわざもあります。それは「仕事が暇になると暮らしが成り立たないこと、暇な時間ができるとおしゃべりばかりをするようになること」です。今では「ちょっと暇ができたら」という意味で「手が空いたら」とか、「お手すきの時に」と、「手」を仕事ととらえて使います。仕事は手であり、手が仕事なのです。 

「土方殺すにゃ刃物はいらぬ。雨の三日も降ればいい」という歌がありますが、「手が空く」ことは生活の困窮を意味していたんですね。その大事な手がある日突然動かせなくなった方がいます。草花の詩画集で有名な星野富弘さんです。大学を出て新任の体育教師として器械体操を指導していた一学期の体育の時間に事故で頸椎損傷の大けがを負います。命に別状はなかったものの、寝たきりの生活を余儀なくされます。その時の彼の失意落胆は、計りかねます。十年以上の時を経て、絵筆を口にくわえ、紙を顔の前で動かしてもらうことで詩や絵を描くことができるようになります。その努力たるや想像を絶しますが、やがて彼の非凡な才能は詩画集を通して世に知られていきます。優しくも真理を鋭く突いた着眼点とそれに添えられた草花の佇まい。私たちとは別の境地に到達した星野さんだからこそ描ける世界なのでしょう。彼のように身体に障害があっても頑張っておられる方はたくさんいらっしゃることを心に留めておきたいです。

」で始まる言葉一覧

2269.天王山  2206.天は人の上に人を造らず、人の下に人を造らず  2224.天秤に掛ける  2242.天を衝く  2260.鉄面皮  2251.亭主関白  2215.天は自ら助くる者を助く  2233.天変地異  2093.天災は忘れた頃にやってくる  2046.天下太(泰)平  2022.天衣無縫  2070.天狗になる  2142.天真爛漫  2106.天井知らず  2130.天知る地知る我知る人知る  2166.天地神明  2188.天にも昇る心地  2197.天は二物を与えず  2007.手を焼く  2058.伝家の宝刀  2034.天涯孤独  2082.電光石火  2154.天高く馬肥ゆる秋  2177.天に唾する  2118.天上天下唯我独尊  1995.手を結ぶ  1966.手を広げる  1821.手を染める  1920.手を握る  1804.手を拱く  1951.手を引く  1936.手を抜く  1880.手を付ける  1856.手を尽くす  1901.手を取る  1837.手を出す  1981.手を回す  1750.手を下す  1768.手を組む  1786.手を加える  1732.手を切る  1714.手を借りる  1549.出る杭は打たれる  1591.手練手管  1527.出物腫れ物所嫌わず  1570.出る幕がない  1504.手も足も出ない  1696.手を貸す  1675.手を替え品を替え  1480.手前味噌  1404.手の平(掌)を返す  1456.出端(鼻)をくじく  1633.手を入れる  1430.手八丁口八丁  1654.手を打つ  1612.手を上げる  1291.手に手を取る  1377.手の内を見せる  1201.手に落ちる  1231.手に掛ける  1261.手に付かない  1350.手に乗る  1321.手に取るように  1107.手に汗を握る  1139.手に余る  1171.手に負えない  1075.手鍋提げても  1042.手取り足取り  942.徹頭徹尾  976.鉄は熱いうちに打て  908.手玉に取る  801.梃子でも動かない  687.敵は本能寺にあり  726.手ぐすねを引く  851.天下は回り持ち  610.適材適所  837.手塩に掛ける  649.敵に塩を送る  765.手心を加える  873.出たとこ勝負  366.手が届く  489.手が早い  324.手が出ない  571.手が回る  281.手が付けられない  238.手が足りない  449.手が離れる  530.手が塞がる  407.手が離せない  194.手が込む  150.手が掛かる  62.手が上がる  18.手足を伸ばす  106.手が空く