」カテゴリーアーカイブ

「矛先を向ける」とは、攻撃や批判の対象を特定の人や物に向けること

「矛先を向ける」とは、攻撃や批判の対象を特定の人や物に向けること。

意味:

  • 攻撃や批判の対象を特定の人や物に向けること。
  • 怒りや不満を特定の人や物に向けること。

語源:

  • 矛は、古代中国で使われていた武器です。矛先を誰に向けるかによって、誰を攻撃するかが決まります。

類義語:

  • 攻撃する
  • 批判する
  • 非難する
  • 責める
  • 文句を言う

対義語:

  • 褒める
  • 称賛する
  • 擁護する
  • 守る
  • 協力する

例文:

  • 会社員たちは、経営陣に対して矛先を向けた。
  • マスコミは、政治家の不祥事に対して矛先を向けている。
  • 彼は、いつも私に対して矛先を向けてくる。

補足:

「矛先を向ける」は、主に以下のような状況で使われます。

  • 何か問題が発生したとき、その原因と責任を特定するため
  • 自分の意見や主張を通すため
  • 相手を威圧したり、屈服させたりするため

参考URL:
矛を向ける(ほこをむける)とは? 意味や使い方 - コトバンク

「骨を折る」とは、一生懸命努力するという意味を持つ慣用句

「骨を折る」とは、一生懸命努力するという意味を持つ慣用句です。

  1. 努力する
  • 一生懸命努力する
  • 苦労して努力する

例文:

  • 新しいプロジェクトのために、彼は骨を折っている。
  • 彼女は、子供のために骨を折って働いている。

類義語:

  • 努力する
  • 奮闘する
  • 精進する
  • 尽力する
  • 励む
  1. 苦労する
  • 大変苦労する
  • 困難を乗り越える

例文:

  • 新しい言語を習得するには、骨を折る。
  • 彼は、病気の妻の介護に骨を折っている。

類義語:

  • 苦労する
  • 苦心する
  • 難渋する
  • 四苦八苦する
  • 悪戦苦闘する
  1. 損をする
  • 損な結果になる
  • 徒労に終わる

例文:

  • 彼は、投資で骨を折った。
  • 彼女は、詐欺に遭って骨を折った。

類義語:

  • 損をする
  • 失敗する
  • 徒労に終わる
  • 水の泡になる
  • 空振りする
  1. 死ぬ
  • 命を落とす
  • 死亡する

例文:

  • 彼は、事故で骨を折った。
  • 彼女は、病のために骨を折った。

類義語:

  • 死ぬ
  • 死亡する
  • 命を落とす
  • 永眠する
  • 他界する
  1. 骨を折る
  • 骨を骨折する

例文:

  • 彼は、転んで足を骨を折った。
  • 彼女は、事故で腕を骨を折った。

類義語:

  • 骨折する
  • 骨が折れる
  • 骨にひびが入る
  • 骨が裂ける
  • 骨が砕ける

「骨を折る」の使い方

「骨を折る」は、さまざまな場面で使われます。

  • 努力して目標を達成するために使う
  • 苦労して困難を乗り越えるために使う
  • 損をしてしまったことを表現するために使う
  • 死を表現するために使う
  • 骨折を表現するために使う

例文:

  • 新しいプロジェクトを成功させるために、彼は骨を折った。
  • 彼女は、子供の将来のために骨を折って働いている。
  • 彼は、投資で骨を折って、借金を抱えてしまった。
  • 彼女は、病のために骨を折って、亡くなった。
  • 転んで足を骨を折った。

「骨を折る」は、文脈によって意味が異なるので、注意が必要です。

参考URL:
骨を折る(ほねをおる)とは? 意味・読み方・使い方をわかりやすく解説 - goo国語辞書

「棒に振る」とは、それまで積み重ねてきた努力や苦労が無駄になってしまうという意味の慣用句

「棒に振る」とは、それまで積み重ねてきた努力や苦労が無駄になってしまうという意味の慣用句。

読み方: ぼうにふる

意味:

  • それまで積み重ねてきた努力や苦労が無駄になってしまう。
  • せっかくのチャンスを逃してしまう。
  • 計画や目標が達成できない。

語源:

  • 棒手振りに売ってしまうと、元には戻せないことから、無駄にするという意味になった。

例文:

  • 勉強を怠けて試験に落ちたら、これまでの努力が棒に振ることになる。
  • プレゼンで失敗したら、せっかくのチャンスを棒に振ることになる。
  • プロジェクトが中止になったら、これまでの苦労が棒に振ることになる。

類義語:

  • 水泡に帰す
  • 無駄にする
  • 台無しにする
  • 徒労に終わる
  • 夢破れる

対義語:

  • 成功
  • 達成
  • 実現
  • 収穫
  • 結実

使い方:

  • 「棒に振る」は、努力や苦労、チャンスなどが無駄になってしまうことを表す時に使います。
  • 具体的な対象がなくても、抽象的な概念に対しても使用できます。
  • ネガティブな意味合いの言葉なので、使う場面には注意が必要です。

例文解説:

  • 例文1: 勉強を怠けて試験に落ちたら、これまで積み重ねてきた努力が無駄になってしまうという状況は、「棒に振る」ことわざにぴったり当てはまります。
  • 例文2: プレゼンで失敗したら、せっかくのチャンスを逃してしまうという状況も、「棒に振る」ことわざの典型的な例と言えます。
  • 例文3: プロジェクトが中止になったら、これまで関係者全員が注いできた苦労が無駄になってしまうという状況も、「棒に振る」ことわざの典型的な例と言えます。

補足:

  • 「棒に振る」は、日本語の慣用句であり、英語で直訳しても意味が通じません。英語で同様の意味を伝える場合は、「to waste one's efforts」、「to miss an opportunity」、「to come to nothing」などの表現を使う必要があります。

参考URL:
棒に振る(ぼうにふる)とは? 意味・読み方・使い方をわかりやすく解説 - goo国語辞書

「ほぞを噛む」とは、取り返しがつかないことをして、くやしい思いをする

「ほぞを噛む」とは、取り返しがつかないことをして、くやしい思いをする。

意味:

  • 後悔する。
  • 取り返しがつかないことをして、くやしい思いをする。

読み方: ほぞをかむ

語源:

  • 「ほぞ」は、仏像などの木像の胴体と頭部を繋ぐ部分。
  • 悔しさのあまり、自分の「ほぞ」を噛みつくほどだという意味から。

類義語:

  • 後悔
  • 臍を噛む
  • 歯ぎしり
  • 悔恨
  • 痛恨
  • 遺憾

対義語:

  • 満足
  • 喜び
  • 達成
  • 成功
  • 充実

例文:

  • 彼は、せっかくのチャンスを逃して、「ほぞを噛んだ」。
  • あのとき、もっと注意していればよかったと、「ほぞを噛む」思いだ。
  • 彼女は、自分の行動を後悔し、「ほぞを噛んだ」。

補足:

  • このことわざは、後悔先に立たずという教訓を表しています。
  • 後悔しないためには、事前の準備をしっかりし、慎重に行動することが大切です。
  • 一方で、誰もが間違いを犯すことはあります。
  • 大切なのは、後悔から学び、次に活かすことです。

参考URL:
臍を噬む(ほぞをかむ)とは? 意味・読み方・使い方をわかりやすく解説 - goo国語辞書

「洞ヶ峠を決め込む」とは、形勢を見極めて、有利な方に付こうとすること

「洞ヶ峠を決め込む」とは、形勢を見極めて、有利な方に付こうとすること。

意味

  • 形勢を見極めて、有利な方に付こうとすること。
  • 日和見主義的な態度をとること。
  • どちらかに肩入れせず、様子見をすること。

由来

  • 天正10年(1582年)の本能寺の変の際、筒井順慶が山崎の戦いに参戦せず、洞ヶ峠に軍勢を留めて戦況を見守った故事から。
  • 順慶は、明智光秀と羽柴秀吉のどちらが勝つか見極めて、勝利した方に味方しようと考えた。

使い方

  • 彼は、会社の業績が悪化してくると、洞ヶ峠を決め込むような態度になった。
  • 彼女は、恋愛関係においても洞ヶ峠を決め込むようなところがある。
  • 選挙戦において、彼はどちらの候補にも積極的に応援せず、洞ヶ峠を決め込むような態度を取った。

例文:

  • 彼は、転職活動において、複数の企業から内定をもらったため、洞ヶ峠を決め込んでいた。
  • 彼女は、二人の男性からアプローチを受けていたため、どちらを選ぶか洞ヶ峠を決め込んでいた。
  • 会社は、新製品の開発プロジェクトにおいて、市場の反応を見てから本格的に取り組むかどうかを判断するため、洞ヶ峠を決め込むような態度を取った。

類義語:

  • 日和見
  • 中立
  • 様子見
  • 慎重
  • 煮え切らない

対義語:

  • 決断
  • 積極
  • 勇敢
  • 主義主張
  • 信念

補足:

  • 洞ヶ峠を決め込むは、現代でもよく使われる表現です。
  • 形勢を見極めて、有利な方に付こうとするような態度を批判するために使われることがあります。

参考URL:
洞ケ峠を決め込む | 会話で使えることわざ辞典 | 情報・知識&オピニオン imidas - イミダス

その他:

  • 洞ヶ峠は、京都府八幡市にある峠。
  • 筒井順慶は、戦国時代の武将。

「忘年の交わり」とは、年末に、仕事や趣味などで関わりのあった人々と集まり、親睦を深めること

「忘年の交わり」とは、年末に、仕事や趣味などで関わりのあった人々と集まり、親睦を深めること。

読み方: ぼうねんのまじわり

意味:

  • 年末に、仕事や趣味などで関わりのあった人々と集まり、親睦を深めること。
  • 年忘れの会や忘年会など、年末に行われる様々な交流の機会を通じて、互いの労をねぎらい、親睦を深めることを指す。

語源:

  • 中国の故事「晋書」に由来する。

使い方:

  • 「忘年の交わり」は、年末の挨拶や忘年会への誘いなど、様々な場面で用いられます。
  • 特に、仕事関係の人や趣味仲間など、普段お世話になっている人への感謝の気持ちを伝える際に多く使われます。
  • 「忘年」は、年の瀬という意味合いだけでなく、一年の苦労を忘れるという意味合いも含まれています。
  • 「交わり」は、親睦を深めるという意味合いだけでなく、交流するという意味合いも含まれています。

例文:

  • 今年も一年、ありがとうございました。忘年の交わりとして、ぜひご参加ください。
  • 忘年会は、日頃の感謝の気持ちを伝え、親睦を深める良い機会ですね。
  • 仕事納めの日には、職場の仲間と忘年の交わりを楽しみました。

類義語:

  • 年忘れ
  • 忘年会
  • 忘年懇親会

対義語:

  • 疎遠
  • 断絶
  • 不和

補足:

  • 「忘年の交わり」は、日本の伝統的な文化の一つです。
  • 年末の忙しい時期に時間を割いて集まることで、互いの存在を再確認し、絆を深めることができます。
  • また、普段はなかなか話せないような人とも交流できる、貴重な機会でもあります。

「忘年の交わり」は、一年を振り返り、感謝の気持ちを伝え、新たな気持ちで新年を迎えるための 大切な行事 です。

積極的に参加して、 充実した年末 を過ごしましょう。

参考URL:
忘年の交わり(ぼうねんのまじわり)とは? 意味や使い方 - コトバンク

「仏作って魂入れず」とは、物事をほとんど完成させながら、最も肝心な部分がない状態のこと

「仏作って魂入れず」とは、物事をほとんど完成させながら、最も肝心な部分がない状態のこと。

意味:

  • 物事をほとんど完成させながら、最も肝心な部分がない状態のこと。
  • 非常に重要な要素が欠けているため、せっかくの努力が台無しになってしまう状態を比喩的に表現する言葉です。

読み方: ほとけつくってたましいいれず

類義語:

  • 画竜点睛を欠く
  • 絵に描いた餅
  • 形だけ
  • 見かけ倒し

対義語:

  • 完璧
  • 十全
  • 申し分ない
  • 非の打ち所がない

例文:

  • 新しい製品は機能は充実しているが、デザインが魅力に欠けており、仏作って魂入れずだ。
  • 彼の話は理論的に完璧だが、実践的な視点が欠けており、仏作って魂入れずだ。

補足:

  • このことわざは、仏像を製作しても魂を吹き込まなければ、ただの物であり、意味がないというところから由来しています。
  • 物事を形だけ完成させても、真髄がなければ価値がないという意味合いを含んでいます。

参考URL:
第5回「仏作って魂入れず」~人事制度が機能しない理由とその解決策|WEB労政時報

「ほらを吹く」は、日本語の慣用句で、大げさな嘘をつくという意味

「ほらを吹く」は、日本語の慣用句で、大げさな嘘をつくという意味です。

読み方

ほらをふく

意味

  • 大げさな嘘をつく
  • 誇張する
  • 作り話をする
  • 虚言を言う
  • 妄言を言う
  • 大風呂敷を広げる
  • 空威張りをする

類義語

  • 嘘をつく
  • 誇張する
  • 作り話をする
  • 虚言を言う
  • 妄言を言う
  • 大風呂敷を広げる
  • 空威張りをする
  • 言い張る
  • 強弁する

対義語

  • 正直
  • 真実
  • 本当
  • 事実
  • 誠実
  • скромny

例文

  • 彼は、自分の釣った魚の大きさを大げさに吹いて、みんなを驚かせた。
  • 彼女は、彼氏とのデートの話を面白おかしく吹いて、友達を笑わせた。
  • 会社は、商品の性能を誇張して吹いて、消費者を騙した。

使い方

「ほらを吹く」は、以下のように使われます。

  • 彼は、いつもほらを吹いて、友達から信用されていない。
  • 彼女は、彼のほら話を聞いて、あきれてしまった。
  • 会社の広告は、ほらを吹いていると批判された。

参考URL:
法螺(ほら)を吹くとは?:達人に訊け!:中日新聞Web

「ほらを吹く」は、日本語の慣用句で、大げさな嘘をつくという意味です。

読み方

ほらをふく

意味

  • 大げさな嘘をつく
  • 誇張する
  • 作り話をする
  • 虚言を言う
  • 妄言を言う
  • 大風呂敷を広げる
  • 空威張りをする

類義語

  • 嘘をつく
  • 誇張する
  • 作り話をする
  • 虚言を言う
  • 妄言を言う
  • 大風呂敷を広げる
  • 空威張りをする
  • 言い張る
  • 強弁する

対義語

  • 正直
  • 真実
  • 本当
  • 事実
  • 誠実
  • скромny

例文

  • 彼は、自分の釣った魚の大きさを大げさに吹いて、みんなを驚かせた。
  • 彼女は、彼氏とのデートの話を面白おかしく吹いて、友達を笑わせた。
  • 会社は、商品の性能を誇張して吹いて、消費者を騙した。

使い方

「ほらを吹く」は、以下のように使われます。

  • 彼は、いつもほらを吹いて、友達から信用されていない。
  • 彼女は、彼のほら話を聞いて、あきれてしまった。
  • 会社の広告は、ほらを吹いていると批判された。

参考資料

  • goo国語辞書: [無効な URL を削除しました]
  • Weblio辞書: [無効な URL を削除しました]

その他

「ほらを吹く」は、昔から使われていた言葉で、古事記にも「ほら吹き」という言葉が出てきます。

例文

  • 彼は、ほらを吹くことをやめて、正直に話すようになった。
  • 彼女は、彼のほら話を聞きながらも、彼の優しさに惹かれていった。
  • 会社は、ほらを吹くような広告を出すことをやめて、誠実な経営を目指すようになった。

注意

「ほらを吹く」は、相手を騙したり、信用を失ったりする可能性があるので、注意が必要です。

その他

「ほらを吹く」は、昔から使われていた言葉で、古事記にも「ほら吹き」という言葉が出てきます。

例文

  • 彼は、ほらを吹くことをやめて、正直に話すようになった。
  • 彼女は、彼のほら話を聞きながらも、彼の優しさに惹かれていった。
  • 会社は、ほらを吹くような広告を出すことをやめて、誠実な経営を目指すようになった。

注意

「ほらを吹く」は、相手を騙したり、信用を失ったりする可能性があるので、注意が必要です。

「抱腹絶倒」とは、腹を抱えて倒れそうになるほど大笑いすること

「抱腹絶倒」とは、腹を抱えて倒れそうになるほど大笑いすることです。

意味:

  • 抱腹:腹を抱えること。大笑いすること。
  • 絶倒:笑い転げること。

例文:

  • 彼の冗談は面白すぎて、抱腹絶倒した。
  • あまりに可笑しくて、抱腹絶倒してしまった。
  • 映画のワンシーンで、抱腹絶倒した。

類義語:

  • 大笑い
  • 哄笑
  • 噴飯
  • 莞爾
  • 微笑

対義語:

  • 無表情
  • 真顔
  • 不機嫌
  • 怒り
  • 悲しみ

「抱腹絶倒」は、非常に面白いと感じたときに使う表現です。

補足:

  • 「抱腹絶倒」は、「捧腹絶倒」と書くのが正しい表記です。
  • 「抱腹絶倒」は、「笑い死にする」という意味で使われることもあります。

例:

  • 彼の話を聞くと、いつも抱腹絶倒しそうになる。

参考URL:
抱腹絶倒 | スピーチに役立つ四字熟語辞典 | 情報・知識&オピニオン imidas - イミダス

「仏の顔も三度」とは、どんなに寛容な人でも、何度も馬鹿にされると、怒り出すことがあるという例え

「仏の顔も三度」とは、どんなに寛容な人でも、何度も馬鹿にされると、怒り出すことがあるという例え。

意味:

どんなに寛容な人でも、何度も馬鹿にされたり、不義理をされたりすると、怒り出すことがあるという例え。

読み方: ほとけのかおもさんど

類義語:

  • 忍耐の限界
  • 堪忍袋の緒が切れる
  • 怒りの沸点
  • 許すにも限度がある
  • 情けにも程がある

例文:

  • 彼はいつも時間にルーズで、何度注意しても改善されない。もう「仏の顔も三度」だ。
  • 彼女はいつもわがまま放題で、周りの迷惑も考えない。そろそろ「仏の顔も三度」で、誰かが怒り出すかもしれない。
  • 親切にしても感謝の言葉もない人に対しては、「仏の顔も三度」で、つい冷たくなってしまうこともある。

解説:

このことわざは、仏のような慈悲深い人でも、3度も馬鹿にされたり、不義理をされたりすると、怒り出すというところからきています。

これは、人間は誰しも我慢の限界があるということを表しています。

現代社会における解釈:

現代社会は、ストレス社会といわれています。

そのため、仕事や人間関係などで、我慢の限界を超えてしまう人が増えています。

「仏の顔も三度」という例えは、自分自身の心身の健康を守るためにも、我慢の限界を超える前に、しっかりと自分の意思を伝えることが大切であることを教えていると言えるでしょう。

参考URL:
仏の顔も三度(ほとけのかおもさんど)とは? 意味や使い方 - コトバンク