虫唾が走る

【漢字】虫唾が走る
【読み】むしずがはしる
【意味】胸がムカムカするほど不快感を表す。
【例文1】あの人を見るだけで虫唾が走る。
【例文2】思い出しただけでも虫唾が走る。

虫唾が走るをテーマにした記事

「虫唾が走る」の「虫唾」って何?

「虫唾が走る」とは、胸がむかむかするほど不快なことを表す慣用句です。「虫酸が走る」とも書きます。では、「虫唾」あるいは「虫酸」とは一体何なのでしょうか。
胃液が逆流してきたときは、本当に不快ですよね。あの酸っぱい何とも言えない味は、できることなら味わいたくないです。そして、あの胃液が「虫唾」なのです。一説によると、昔の人は、あの酸っぱい液は、井の中に寄生虫が住んでいて、その寄生虫が吐き出す唾液だと考えたのです。だから「虫唾」と書くのです。または、寄生虫が出す酸っぱい液だから「虫酸」と表記するのです。
このように、漢字の表記が二種類存在するので、歴史的仮名遣いも二種類存在します。つまり、「むしづ」と「むしず」です。「虫唾」は「むしのつば」なので「むしづ」であり、「虫酸」は「むしのす」なので「むしず」となるわけです。ただ、現代では、「虫唾が走る」と表記し、「むしずがはしる」とひらがなで書くのが普通のようです。
実際の胃液は、胃で分泌される酸性の消化液なので、むしろ寄生虫や細菌などを殺菌する役割があるわけですが、そんな酸っぱい胃液を「体の中の寄生虫のせいだ」と考えた昔の人の発想はなかなか面白いですね。

」で始まる言葉一覧

2543.無病は一生の極楽 1864.向こう見ず 1925.胸算用 1887.武者震い 1907.無尽蔵 1791.無理もない 1773.無理無体 1701.無用の長物 1755.無理難題 1737.無理算段 1719.無理が通れば道理が引っ込む 1412.胸に迫る 1438.胸に手を当てる 1464.胸を打つ 1488.胸を貸す 1683.無味乾燥 1641.無念無想 1599.胸をなで下ろす 1557.胸を突く 1512.胸を借りる 1578.胸をときめかせる 1620.胸を張る 1535.胸を反らす 1662.無病息災 1358.胸に納める 1271.胸が塞がる 1241.胸が膨らむ 1385.胸に刻む 1211.胸が張り裂ける 1330.胸に一物 1301.胸が焼ける 1118.胸がつかえる 1181.胸が詰まる 1150.胸がつぶれる 919.無にする 1020.胸が躍る 987.胸が一杯になる 1053.胸が騒ぐ 953.胸が痛む 812.無駄骨を折る 700.矛盾 739.娘一人に婿八人 623.虫の居所が悪い 661.虫も殺さない 776.無駄足を踏む 884.胸突き八丁 848.無知蒙昧 208.向きになる 461.虫が好かない 421.虫が知らせる 584.虫の息 295.向こうに回す 544.虫唾が走る 252.無芸大食 338.向こうを張る 503.虫が付く 378.虫がいい 164.無我夢中 76.向かう所敵なし 120.昔取った杵柄 32.六日の菖蒲十日の菊