無知蒙昧

【漢字】無知蒙昧
【読み】むちもうまい
【意味】知識がなく物事の筋道が理解がない。
【例文1】彼は無知蒙昧で社会のルールに反する。
【例文2】社会のマナーを無視して無知蒙昧。
【例文3】常識外れの言動で無知蒙昧。

無知蒙昧をテーマにした記事

「無知蒙昧」を民主的に導いた柴原和

「無知蒙昧」とは「知識がなく道理に暗いこと」です。昔、千葉県の農村では飢饉や疫病が流行ったりして、暮らしに困窮すると、生まれたばかりの赤ん坊を殺してしまう間引きや、堕胎が悪い習慣としてありました。それをどうにかして防ごうと考えられたのが、公的な教育金貸付けでした。それを実行したのが、明治維新の時の廃藩置県により、千葉県の初代県令(今の千葉県知事)となった柴原和です。その結果、出生児数が前年の1.5倍になりました。また、柴原は千葉県が多くの藩によって統治されていたために、地域ごとに習慣も考えも違い、人々をひとつにまとめるために大変に腐心しました。そこで彼が考えたのが、県議会を設けて代議員制度を定めることです。千葉県をいくつかに分け、代議員を選び、県庁の議事場で県民の幸福を図るための相談を行いました。彼が定めた千葉県議事則には、「議会は県民を保護するもので、抑制するものではない」「代議員の決定は千葉県民の決定である」「なぜなら県民がこの人の決定なら異論はないと選挙した人を代議員とするからである」と書いてあります。「無知蒙昧」な部分も見受けられた千葉県を民主的な県に導いた柴原和は、兵庫県令の神田孝平、滋賀県令の松山道之らとともに、「三県令」のひとりに数えられています。

」で始まる言葉一覧

2543.無病は一生の極楽 1864.向こう見ず 1925.胸算用 1887.武者震い 1907.無尽蔵 1791.無理もない 1773.無理無体 1701.無用の長物 1755.無理難題 1737.無理算段 1719.無理が通れば道理が引っ込む 1412.胸に迫る 1438.胸に手を当てる 1464.胸を打つ 1488.胸を貸す 1683.無味乾燥 1641.無念無想 1599.胸をなで下ろす 1557.胸を突く 1512.胸を借りる 1578.胸をときめかせる 1620.胸を張る 1535.胸を反らす 1662.無病息災 1358.胸に納める 1271.胸が塞がる 1241.胸が膨らむ 1385.胸に刻む 1211.胸が張り裂ける 1330.胸に一物 1301.胸が焼ける 1118.胸がつかえる 1181.胸が詰まる 1150.胸がつぶれる 919.無にする 1020.胸が躍る 987.胸が一杯になる 1053.胸が騒ぐ 953.胸が痛む 812.無駄骨を折る 700.矛盾 739.娘一人に婿八人 623.虫の居所が悪い 661.虫も殺さない 776.無駄足を踏む 884.胸突き八丁 848.無知蒙昧 208.向きになる 461.虫が好かない 421.虫が知らせる 584.虫の息 295.向こうに回す 544.虫唾が走る 252.無芸大食 338.向こうを張る 503.虫が付く 378.虫がいい 164.無我夢中 76.向かう所敵なし 120.昔取った杵柄 32.六日の菖蒲十日の菊