「間尺に合わない」とは、寸法が合わないなど、釣り合わないという意味を持つ慣用句

「間尺に合わない」とは、寸法が合わない、損得勘定が合わない、理屈に合わないなど、釣り合わないという意味を持つ慣用句です。

読み方: ましゃくに合わない

類義語:

  • 釣り合わない
  • 不釣り合い
  • 不合理
  • 不適当
  • 不相応
  • 見合わない
  • 不均衡
  • 不調和
  • 不似合い

例文:

  • この土地の広さにこの家は間尺に合わない。
  • 彼の給料では、この生活は間尺に合わない。
  • 彼の発言は、その場の雰囲気に間尺に合わない。

語源:

「間尺」は、建築や工事などで用いる寸法のこと。本来の意味は、寸法が合わないという意味です。

使い方:

「間尺に合わない」は、様々な場面で使われる慣用句です。

  • 寸法が合わない
  • 損得勘定が合わない
  • 理屈に合わない
  • 釣り合わない
  • 不合理
  • 不適当
  • 不相応
  • 見合わない
  • 不均衡
  • 不調和
  • 不似合い

など、様々な状況で「釣り合わない」と感じた時に用いることができます。

注意点:

「間尺に合わない」は、ネガティブな意味で使われることが多いです。

何かご不明な点があれば、お気軽にご質問ください。

補足:

「間尺に合わない」は、「釣り合わない」や「不合理」などの類義語と組み合わせて使われることもあります。

例文:

  • この土地の広さにこの家は、とても釣り合わない。まさに間尺に合わない。
  • 彼の給料では、この生活は到底無理だ。間尺に合わないにも程がある。

参考URL:
間尺に合わない(ましゃくにあわない)とは? 意味や使い方 - コトバンク